宝塚歌劇とは?
100年続く華やかな舞台の秘密

知っているようで知らない宝塚歌劇。その真髄は、伝統にある。

宝塚歌劇と聞いて、何を思い浮かべますか?「出演者が女性だけ」「ベルサイユのばら」「大階段」「ラインダンス」など様々な印象があると思いますが、改めて宝塚歌劇の歴史と特徴を振り返ってみましょう。   

室内プールを改造した劇場を舞台に、余興として発案された公演で幕開け。

100年続く宝塚歌劇の歴史は、創設者のひらめきで始まった

宝塚歌劇の幕開けは1914年、大正時代にさかのぼります。宝塚歌劇を創設したのは、阪急電鉄の発展に貢献し、日本初のターミナルデパート阪急百貨店の開業や、東宝グループの創設にも力を尽くした小林一三(いちぞう)翁。一三翁は、鉄道の乗客誘致の一環として1911年に誕生した「宝塚新温泉」(宝塚ファミリーランドの前身)の拡充にあたり、室内プールを目玉にした2階建ての洋館「パラダイス」を開業。しかし、男女共泳を禁止する時代環境や、温水設備がないことなどから、夏の2ヵ月ほどで閉鎖に追い込まれます。そこで、この場所を使って余興を見せようとひらめいたのが、宝塚歌劇のはじまりです。

初公演は1914年4月1日、室内プールを改造した劇場で行われました。プールにフタをして客席に、脱衣所は舞台となりました。演目は、桃太郎を題材にしたお伽(おとぎ)歌劇「ドンブラコ」と「浮れ達磨」、ダンス「胡蝶」の全3本。記念すべき初舞台を踏んだのは、12歳から17歳までの少女17名でした。   

プールを改造した劇場 プールを改造した劇場

歌劇「ドンブラコ」舞台写真 歌劇「ドンブラコ」舞台写真

宝塚歌劇の偉大なる父、小林一三翁の遺訓「清く 正しく 美しく」

宝塚歌劇のモットーである「清く 正しく 美しく」は、小林一三翁の教え。“家族ぐるみで安心して楽しめる国民劇”を目指した一三翁が、華やかな夢の舞台を支える歌やダンス、演劇といった芸能の基本はもちろんのこと、礼儀作法やマナーをわきまえ、一人の女性として、社会人としての品格を忘れないようにと贈った言葉です。その精神は、時代がどんなに移り変わろうとも、すべてのタカラジェンヌ、すべてのスタッフの中に深く息づいています。   

宝塚歌劇の父、小林一三翁 宝塚歌劇の父、小林一三翁

宝塚歌劇100周年記念口上(2014年) 宝塚歌劇100周年記念口上(2014年)

出演者は女性のみ。組ごとの公演。宝塚歌劇だけのシステムとは?

男役あっての娘役、娘役あっての男役。全員が女性だから奥が深い

宝塚歌劇は、未婚の女性だけで構成される世界でも珍しい劇団です。当然ながら、女性の役だけでなく、男性の役も女性が演じることになります。男性の役は「男役」、女性の役は「娘役」と呼ばれ、男役は普段から短い髪、娘役はロングヘアと、見た目にも男役と娘役の区別は明快です。どちらの役を担当するかは身長や声域、本人の意思などで決まりますが、途中で男役から娘役に転向するケースもあります。

本当は女性なのに男の色気漂うかっこいい男役と、男役を引き立てる娘役。そのどちらが欠けても宝塚歌劇は成立しません。男役と娘役のコンビネーションは大きな見どころのひとつです。   

星組公演『Dear DIAMOND!!』-101カラットの永遠の輝き-(2015年)より 星組公演『Dear DIAMOND!!』-101カラットの永遠の輝き-(2015年)より

雪組公演『ファンシー・ガイ!』(2015年)より 雪組公演『ファンシー・ガイ!』(2015年)より

花・月・雪・星・宙の5組+専科それぞれが放つ魅力

宝塚歌劇には現在、花・月・雪・星・宙(そら)の5つの組と専科があります。全ての公演が組ごとに行われ、お芝居やショーの演目の違いはもちろん、組ごとに異なる魅力が楽しめます。組は1914年の誕生当初からあったわけではありません。観客数の増加に対応するため、1921年から第1部を「花組」、第2部を「月組」とする2組制で公演を行うようになったのが、組制度の始まりです。

現在、各組には約80名のタカラジェンヌが所属。宝塚歌劇の出演者を養成する「宝塚音楽学校」の卒業生が、タカラジェンヌとしての初舞台を経て、毎年それぞれの組に配置されます。   

専科・花組・月組・雪組・星組・宙組ロゴマーク

  

花組

1921年に発足した最も歴史のある組のひとつ。日本初のレビュー『モン・パリ』を初演。組名そのものの華やかさに、実力を兼ね備えた組として、近年は海外でも人気を博している。

月組

1921年に花組と同時発足。『パリゼット』『花詩集』や、『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』などの大作を初演。時代を映し出すように、常に新しく個性的な魅力を発揮してきた。

雪組

1924年、旧宝塚大劇場の誕生とともに新設。心の機微を描く日本物に定評があり『忠臣蔵』『るろうに剣心』など多彩な作品を上演。また1996年には『エリザベート』を初演し成功に導いた。

星組

東京宝塚劇場の開場にそなえ1933年に新設。2008年『THE SCARLET PIMPERNEL』を初演。組の名前に違わず、ゴージャスで存在感のあるスターを数多く輩出している。

宙組

5番目の組として1998年に誕生。東京での通年公演を実現した。発足時より現代的でフレッシュなイメージがあり、迫力のあるコーラスも魅力のひとつ。大作『ファントム』を初演。

専科

特定の組に所属せず、各組の舞台に特別出演して舞台を引き締めるスペシャリスト集団。優れた芸の手本として、後輩の育成にも尽力する宝塚の宝箱的存在。

トップスター&トップ娘役のコンビは組の顔。2人の個性と組の個性が共鳴しあう舞台

各組には主演コンビとして、トップスターと呼ばれる男役と、トップスターに寄り添うトップ娘役が一人ずついます。多くの公演はトップコンビを中心に展開され、各組メンバーの魅力と融合して独自の魅力が生まれます。   

公演は、全国各地で。身近に観劇できる宝塚歌劇。

宝塚大劇場と東京宝塚劇場だけで年間900回以上も公演

宝塚歌劇では、本拠地である「宝塚大劇場」(兵庫県)と「東京宝塚劇場」(東京都)、宝塚大劇場に隣接する小規模なサブ劇場「宝塚バウホール」の3つの専用劇場を持っています。初公演から100年の時を経て、今や5組400名を超えるスターが所属し、宝塚大劇場と東京宝塚劇場を合わせて年間900回以上もの公演を行うまでになりました。   

宝塚大劇場 外観

宝塚大劇場

宝塚大劇場

5組が順番に、それぞれ年間1作品から2作品程度を約1ヵ月上演

東京宝塚劇場

東京宝塚劇場

東京宝塚劇場

宝塚大劇場と同じ作品を同じ公演期間で上演(公演によっては東京宝塚劇場が初演となる場合もあります。)

宝塚バウホール

宝塚バウホール

宝塚バウホール

年間8作品程度、若手を中心とした選抜メンバーにより約2週間上演(公演期間は公演によって異なる場合もあります。)

宝塚と東京だけじゃない。全国各地で観劇可能

誕生当初は、常設劇場以外での公演は出張公演と呼ばれ、公演回数も限られていましたが、現在は全国で定期的に行われています。お近くの劇場で開催されている場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。   

劇場 公演時期/回数 公演期間
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪府) 年に3作品程度 約2週間
梅田芸術劇場メインホール(大阪府) 年に1作品程度 約2週間
中日劇場(愛知県) 年に1作品 約1ヵ月
博多座(福岡県) 年に1作品 約1ヵ月
日本青年館(東京都)など 東京特別公演として不定期  
全国ツアー 年に3作品程度  
海外公演 不定期  

※回数、公演期間は公演によって異なる場合もあります。

こちらもおすすめ

OPEN