宝塚大劇場月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』の初日を
トミー・チューン氏、涼風真世さん、麻乃佳世さんが観劇

2017/01/02

2017年1月1日(日)、月組公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』が初日を迎え、『グランドホテル』オリジナル演出・振付・特別監修のトミー・チューン氏、初演トップコンビの涼風真世さん、麻乃佳世さんがご観劇され、終演後に月組新トップコンビの珠城りょう、愛希れいかと共に公演の感想を語っていただきました。   

写真 (左から)麻乃佳世さん、愛希れいか、トミー・チューン氏、珠城りょう、涼風真世さん

トミー・チューン氏
「2017年の新年を迎えるにあたって、タカラヅカほど私にぴったりの場所はないと思います。24年ぶりにまたここに来られて、そして再び月組という素晴らしい組と一緒に『グランドホテル』を創り上げることができ、大変光栄です。タカラヅカは本当に大好きなところなので、これからも何か関わりを持ち続けられることを願っております。」

涼風真世さん
「珠城りょうさん、愛希れいかさんのトップコンビお披露目公演の初日は、本当に素晴らしかったです。客席から観て、こんなに誇らしく、こんなに幸せなことはなく、あらためて宝塚歌劇は永遠だと感じました。月組卒業生として、宝塚歌劇団の卒業生として、もっともっと宝塚歌劇の舞台を楽しみたいと思います。タカラヅカ万歳!」

麻乃佳世さん
「私にとって、『グランドホテル』はとても思い入れがある作品です。今日あらためて拝見し、この素晴らしい作品に出演させていただけたことに感謝するとともに、心から感動いたしました。今回は新トップスター珠城りょうさんの宝塚大劇場お披露目公演ですが、やはり真ん中に立つべき方の神々しさとオーラはすごいと感じました。これからも月組を背負って頑張ってください。」

珠城りょう
「いま初日公演を終えて、本当に宝塚歌劇は愛に溢れていて温かいところだとあらためて感じております。『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』、この素晴らしい二つの作品で、新生月組をスタートさせていただきましたことを、心から幸せに思い、感謝しております。」

愛希れいか
「宝塚歌劇の愛というものを感じた初日公演でした。とても緊張してしまったのですが、お客様の温かさとスタッフの皆様に支えられて、無事に初日の公演を終え、いまは幸せで心がふるえています。千秋楽まで精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

Q.1993年の月組初演当時の思い出

トミー・チューン氏
「今回の月組公演を観て、デジャヴのような感覚がしたのですが、再演を重ねるたびに、必ず前進し、進歩していくと確信しています。」

涼風真世さん
「私の退団公演当時の月組の仲間、スタッフ、そしてファンの皆様の熱気を思い出しました。本日の客席ではその熱気を再び体感することができました。宝塚歌劇は本当に素晴らしいところだとあらためて感じています。」

Q.月組新トップスター珠城りょうについて

トミー・チューン氏
「珠城りょうさんの登場シーンを見て、“スターが生まれた!”と思いました。」

涼風真世さん
「珠城りょうさんは初々しく、神々しく、優しくもあり。さらに強さと、月組を背負うたくましさを感じました。素敵でした。」
  

公演期間

  • 宝塚大劇場 : 2017年1月1日(日)~1月30日(月)
  • 東京宝塚劇場: 2017年2月21日(火)~3月26日(日)

OPEN