雪組公演『幕末太陽傳』特別メニュー
公演ドリンク下り酒「幕末 慶応の酒」と公演カクテル「幕末 緑の風」の販売について

2017/04/18

雪組公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』にちなんで、雪組宝塚大劇場公演期間中の開演前と幕間休憩時間限定で、幕末時代に飲まれていた「下り酒」の復刻版「幕末 慶応の酒」をロックとカクテルにして販売いたします。
公演とあわせてお楽しみください。
  

販売期間

2017年4月21日~5月29日   

販売時間

期間中の全ての公演の開演前と幕間休憩時間限定(新人公演は開演前のみ)   

販売場所

宝塚大劇場改札内 1階席後方1-2扉前付近 特設カウンター   

販売価格

公演ドリンク 下り酒「幕末 慶応の酒」 ロック
公演カクテル 「幕末 緑の風」
グラス 各800円

下り酒とは、江戸時代に上方で生産され、江戸へ運ばれたお酒の事です。
当時、江戸近辺で造られていたお酒は醸造技術が進んでおらず、濁り酒(どぶろく)に近いものでした。そこに、上方から洗練された諸白(清酒)が生産され、この酒が江戸に送られて、大いにもてはやされ、江戸のお酒の需要の約八割を占める勢いだったと言われております。特に江戸市中において、伊丹の酒が絶大な人気を博した第一の理由は、今までにない卓越した品質の酒であったからと言われております。
「幕末 慶応の酒」は、伊丹にあります小西酒造の小西家秘伝書「酒永代覚帖」をもとに、幕末時代に飲まれていたお酒を復元したものです。   

下り酒「幕末 慶応の酒」ロック 

「幕末 緑の風」

※表示価格は税込です。
※写真はイメージです。
  

OPEN