雪組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』制作発表会

2018/09/27

このたび、三井住友カード株式会社様のご協賛を賜り、三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』を上演いたします。『ファントム』は、ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに、脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによってアメリカで初演されたミュージカルです。宝塚歌劇では2004年に宙組により初演。2度の再演を経て、今回は伸びやかな歌声に定評のある望海風斗率いる雪組が新たな『ファントム』の世界をお届けいたします。

9月25日(火)、今作の制作発表会が行われましたので、その模様を一部お届けいたします。
※詳細は後日、当ホームページで掲載いたします。   

写真 (左から)彩風 咲奈(雪組)、中村 一徳(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、大西 幸彦様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、望海 風斗(雪組)、真彩 希帆(雪組)

まず、ファントム役を演じる雪組トップスター・望海風斗、クリスティーヌ・ダーエ役の雪組トップ娘役・真彩希帆、ジェラルド・キャリエール役の彩風咲奈が、作品の中から「Home」(望海、真彩)、「Where in the world」(望海)、「The Bistro」(望海、真彩、彩風)の3曲を披露いたしました。   

写真

  

その後、潤色・演出を担当する宝塚歌劇団演出家の中村一徳が加わり、作品にかける熱い思いを語りました。   

望海 風斗

私は花組時代、2度『ファントム』に出演させていただきましたが、初めての出演時から音楽に魅了され、そしてこの作品ならではの人間模様に心をつかまれ、いつか、できることなら主人公・エリック(ファントム)を演じて彼の心の中を覗いてみたいと思っていました。今回、その夢が叶うことを大変うれしく思っております。今はお稽古で複雑な譜面と戦う日々ですが、素晴らしい『ファントム』になるように雪組の皆と心を込めてつくっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。   

真彩 希帆

宝塚歌劇団に入団する前からこの作品の大ファンだったので、今回のお話をいただき、夢のようで、幸せな気持ちでいっぱいです。今は、大好きな楽曲が望海さんをはじめとする雪組の皆さまの声によって紡がれていくのをお稽古場で聴き、とても感動しております。“天使の歌声”を持つクリスティーヌの名に恥じぬよう、精一杯お稽古に努めてまいりたいと思います。   

彩風 咲奈

『ファントム』を雪組で上演すると伺った時は、望海さんのエリックと真彩のクリスティーヌが見られることを単純に喜んだのですが、私がキャリエール役をさせていただくとお聞きし、身が引き締まる思いがしました。楽曲の良さをお届けすると同時に、エリックとクリスティーヌを見守りながら、作品全体も見守れるような、そんな大きな心でキャリエールを演じたいと思っております。   

写真

なお、制作発表会の詳細の模様は、後日、掲載いたします。   

雪組公演
三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』

  • 宝塚大劇場:2018年11月9日(金)~12月14日(金)[一般前売:2018年10月6日(土)]
  • 東京宝塚劇場:2019年1月2日(水)~2月10日(日)[一般前売:2018年11月25日(日)]

OPEN