制作発表会レポート

10月20日(火)、東京にて宝塚歌劇雪組公演 浪漫活劇『るろうに剣心』~原作 和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ・コミックス刊)~ の制作発表会が行われました。
  

中井美穂さんの司会のもと、宝塚歌劇団 理事長・小川友次、宝塚歌劇団 演出家・小池修一郎、雪組トップスター・早霧せいなら雪組出演者8名が登壇。さらにスペシャルゲストとして、アニメ版「るろうに剣心」で緋村剣心の声を担当した元月組トップスター・涼風真世さんも登場しました。「るろうに剣心」の生みの親、和月伸宏氏もこの模様を見守り、サプライズでコメントを寄せてくださいました。
華やかに行われた制作発表会の様子を詳しくお届けします。   

個性的なキャラクターが躍動するパフォーマンス

和月伸宏氏が1994年4月に週刊少年ジャンプで連載開始後、シリーズ売上累計5900万部を超える大ヒットとなった人気コミック「るろうに剣心」。1996年にはアニメ化、2012年には実写映画化されいずれも大ヒットを記録しました。このたび早霧せいなを中心に充実期にある雪組が初のミュージカル化に挑みます。
  

まず披露されたパフォーマンスでは、雪組出演者8名がそれぞれの役柄に扮して登場し、一瞬にして会場を『るろうに剣心』の世界に染め上げます。まずは緋村剣心役の早霧せいなが、左頬の十字の傷など原作から抜け出たかのような姿で登場。「不殺の誓いのため、逆刃刀に持ちかえた孤高の流浪人、緋村剣心」というナレーションにぴったりの鋭さの中にも憂いある目線、抜刀斎と称された剣心らしい美しい剣さばきで魅了します。
次に神谷活心流の師範代であり剣心を側で支える神谷 薫役の咲妃みゆが、竹刀を振り“剣術小町”ぶりを見せて新たなヒロイン像を印象づけます。   

さらにキャラクターが一人ずつ登場。相楽左之助役の鳳翔 大は身長よりはるかに大きい斬馬刀を振り回しダイナミックに。武田観柳役の彩凪 翔はワイングラス片手に“金こそすべて”という悪徳商人ぶりをアピール。元新撰組三番隊組長・斎藤 一役の彩風咲奈は、軍服姿で斎藤 一の必殺技・牙突も披露します。過去の罪を背負った女医・高荷 恵役の大湖せしるは、しっとりとした動きの中で恵の艶やかさや気丈さを表現。冷徹さを秘めた四乃森 蒼紫役の月城かなとは、蒼紫ならではの二刀流とロングコートで凛々しくキメます。そして、オリジナルキャラクターである加納惣三郎役の望海風斗が、伝説の美剣士と名高い元新撰組隊士の謎めいた雰囲気をまとって登場。剣心との緊迫感溢れるライバル関係にも期待が高まります。
最後は8名が揃って登場し、作品世界の魅力を充分アピールするパフォーマンスとなりました。   

  • 制作発表会 ムービー

宝塚歌劇&「るろうに剣心」ファン共に楽しめる舞台を

次にアニメ版で緋村剣心の声を務めた元月組トップスター・涼風真世さんがスペシャルゲストとして登場。雪組生の躍動感あるパフォーマンスを見て、「まるで宝塚歌劇のために『るろうに剣心』があるのではないかと思いました!」と興奮。早霧の剣心については、「自分が声を担当していたとは思えないぐらい素敵で、『おろ?』と言うのもとても良かったです」と話します。「和月伸宏先生が抱く緋村剣心のイメージを壊さないように、声に魂を吹き込んで演じていました」と、剣心役についての想いも語ってくれました。

制作発表を見守っていた和月伸宏氏も、壇上の涼風さんたちから呼び掛けに応えて、声のみで参加してくださいました。今回のパフォーマンスを見て、「『るろうに剣心』は恵まれているなとしみじみ思いました。まさにこの作品は宝塚のためにあるようです。皆さんバッチリで感動しました」と話します。さらにいくつか質問に答えてくださいました。

宝塚歌劇をご覧になったことはありますか?

和月伸宏氏
「最近2回拝見しました。とても華やかで女性が夢中になるのも当然だなと。101年続くエンターテインメントのすごさを感じました」

宝塚歌劇の『るろうに剣心』への期待

和月伸宏氏
「宝塚歌劇のファンには『るろうに剣心』の世界を、『るろうに剣心』のファンには宝塚歌劇を楽しんでいただけるような作品になれば嬉しく思います。オリジナルキャラクターの加納惣三郎については、剣心と薫の間に立つような恋敵的要素もあるとお聞きしました。自分では思い付かなかった宝塚歌劇らしいキャラクターで、漫画にも出してみたいと思うくらいです。『星逢一夜(ほしあいひとよ)』『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』を拝見し、雪組の皆さんの演技力ならと安心しています。自由に思う存分演じてほしいです」
 

原作者の和月氏から大きなエールを受け、雪組生とスタッフが一丸となってつくりあげる舞台にどうぞご期待ください!


  

OPEN