制作発表会レポート

9月22日(金)、宝塚歌劇雪組公演 ミュージカル『ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~』、レヴュー・スペクタキュラー『SUPER VOYAGER!』—希望の海へ—の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]真彩 希帆(雪組)、望海 風斗(雪組)、フランク・ワイルドホーン氏(作曲家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、生田 大和(宝塚歌劇団 演出家)、野口 幸作(宝塚歌劇団 演出家)

記者会見には、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家の生田大和と野口幸作、今作が宝塚大劇場・東京宝塚劇場お披露目公演となる雪組新トップコンビ、望海風斗、真彩希帆に加え、『ひかりふる路』の全楽曲をご提供いただく世界的作曲家のフランク・ワイルドホーン氏も登壇しました。   

豪華二本立てで、新生雪組、出航!

『ひかりふる路』は、18世紀末のフランスを舞台に、フランス革命の中心人物の一人である革命家マクシミリアン・ロベスピエールの波乱の人生を描いた物語。フランク・ワイルドホーン氏が紡ぎだす壮大なメロディーにのせて繰り広げられる歴史ミュージカルです。
『SUPER VOYAGER!』は、「VOYAGER(ヴォイジャー/航海者)」をテーマに、望海風斗のトップスター就任と新生雪組の「船出」を盛大に祝福する颯爽絢爛なレヴュー作品。未来への希望に満ちた場面の数々で構成し、望海風斗の男役の美学と新生雪組の魅力の全てを凝縮した究極のエンターテインメントをお届けします。   

ワイルドホーン氏のピアノ演奏による、贅沢なひと時

制作発表会は『ひかりふる路』のパフォーマンスから始まりました。
カーキ色の衣装に凛々しく身を包んだ望海風斗が颯爽と登場すると、会場は一瞬にして作品の世界に引き込まれます。ワイルドホーン氏のピアノ演奏により披露した主題歌「ひかりふる路」に込められた願いは、自由と平等、そして未来への希望。伸びのある声で“ロベスピエールの心の叫び”を力強く歌い上げた望海は、万雷の拍手を一身に浴びました。   

写真

続いて、ピンクのドレス姿の真彩希帆が登場すると空気は一変。ロマンティックなムードから不穏な心、固い誓いへと移ろう二人のかけあいの歌「今」は、豊かなドラマ性を帯び、観ている者の心を酔わせました。   

写真

  

写真

  

望海、真彩のパフォーマンスに続いて、ワイルドホーン氏のピアノソロ演奏が始まります。哀愁を帯びた旋律はストーリーを語り、紡ぎ出されたドラマティックな音色が会場を包み込みました。“重要なシーンで演奏される”という一曲に、作品への期待は最高潮に達しました。

雪組新トップコンビの大劇場お披露目公演『ひかりふる路』『SUPER VOYAGER!』は、二人の魅力が存分に堪能できる2本立てです。新生雪組の出航に、ぜひお立ち会いください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2017/10/7(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2017/11/26(日)より一般前売開始!

OPEN