原作者インタビュー

月組公演『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』 原作者インタビュー<前編>

今公演の原作者である伊吹有喜先生のインタビューを前後編でお届けします。
インタビュー<前編>では、宝塚歌劇の印象や、ご自身の小説『カンパニー』が初めて舞台化されることへの期待などを伺いました。   

写真

これまで宝塚歌劇をご覧になられたことはありますか?

はい、あります。私は三重県出身ですが、幼い頃、“タカラヅカ”のテレビ番組が地元のテレビ局で放映されていまして。
小・中学生時代は、休日にそうした番組を観ることも。あまりにきれいなので、ついつい観てしまうという感じでした。数年前にも『ベルサイユのばら』を観劇しています。   

宝塚歌劇の代表作のひとつ、『ベルサイユのばら』をご覧になったのですね。

原作の漫画が好きでしたので、ぜひ一度は観ておきたかった作品です。宝塚歌劇はとても華やかで、そのうえ、私の大好きな歌も踊りもお芝居もすべてを楽しめる舞台で、観ていて幸せな気持ちになれました。   

ちなみに、今の月組の公演をご覧になったことはありますか?

『All for One』(2017年)を拝見しましたが、まさに夢の世界でした。珠城りょうさんのダルタニアンはもちろん、三銃士などの男役さんたちも全員が格好よかったです。私もそんなお話を書いてみたい、と思いましたが、イケメン揃いというシチュエーションの物語を創るのはなかなか難しそうですね(笑)。愛希れいかさんのルイ14世も、女性でありながら男性として育てられた複雑な役どころを、ときに高貴に、ときに可憐に演じられていて、たいそう心惹かれました。
珠城さんと愛希さんのお二人が並んだお姿、とてもまぶしかったです。アラミス役の美弥るりかさんにもときめきました。さりげない仕草のなかにも艶やかに匂い立つような色香を感じまして……。本当に楽しい時間でした。   

ご自身の作品が宝塚歌劇で舞台化すると決まった時はどのようなお気持ちでしたか?

お話を伺った時はとても驚き、嬉しいな、と、しみじみ思いました。自分が小説家になり、その作品が、テレビで見ていた美しい宝塚歌劇の舞台で上演されることになるなんて、幼い頃の自分が知ったらどれだけ喜ぶだろうかと思います(笑)。   

月組トップスターの珠城りょう、月組トップ娘役の愛希れいかとは、稽古場でご対面されたそうですね。

珠城さんは本当に美しく、横顔まで格好よくて…見とれてしまいました。それに、清々しく凛として、けれど冷たい感じは全くなく。とても温かくて頼もしい印象を受けました。包容力や心の伸びやかさを感じさせ、そのうえお声も素敵。まさに理想ですね。珠城さんの青柳は、身近にいたら、誰もが恋に落ちてしまうだろうなと思います。愛希さんも声やたたずまいがたいそう美しく、しぐさは愛らしく、そして気品があり…。心が晴々と明るくなるような麗しさでした。お二方とも小説をすでにお手にとってくださっていて、青柳と美波に、深い洞察とあたたかい眼差しを向けてくださっていることも嬉しかったです。   

舞台がお好きということですが、やはりバレエが特にお好きなのですか?

バレエに限らず、オペラなど舞台芸術は好きです。客席が暗くなり、幕が上がった瞬間、別世界へ連れて行ってくれる感覚がたまらく好きです。実際に目の前で繰りひろげられる歌やダンスの美しさに触れると、人間の可能性の広がりや大きさを感じさせられます。なかでもバレエは、著名なバレエ団に入ってからも全員が毎日技術を磨き、鍛え上げ、頂点を目指して努力されますよね。そうした努力を重ねて舞台に立ち続ける人たちの姿は、とても眩しくて、さまざまなイマジネーションが湧いてきます。   

作中に登場する『新解釈版・白鳥の湖』も舞台からイマジネーションを得られたのでしょうか?

『白鳥の湖』は解釈がたくさんあるのですが、私が別解釈をしたらどうなるだろう、と考えて書きました。今回、物語の中でこのバレエを月組の方々が実際に演じられるということで、とても楽しみにしています。   

舞台人の本音や舞台裏のことまで詳しく繊細に描写されていますが、取材をかなり重ねられたと伺いました。

はい。どの作品でも取材は大切にしていますが、舞台の世界を文章で表現することは、私にとって新たな挑戦でした。『カンパニー』の執筆にあたっては、ご協力いただいたバレエ団や、ほかにもダンスの関係者の方々にいろいろなお話をうかがいました。公演中の舞台袖でダンサーの皆さんが意外と冷静に出番を控えている様子を拝見したり、衣裳の秘密や本番中の心情などをうかがったりしたことは、舞台好きとしても心躍る体験でした。   

取材をされたなかで、印象に残ったエピソードがあれば、ひとつ教えてください。

すべてが印象深いのですが…。スポーツトレーナーの方を取材した際に、「身体と心はつながっている」という興味深いお話があり、とても楽しかったのを覚えています。私はもともとインタビュー記事を読むのが好きで、ダンサーや舞台人の方の記事を残していたのですが、その談話と重ね合わすと、納得することがとても多かったのです。   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2018/1/6(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/2/25(日)より一般前売開始!

OPEN