Stage Side
“コスチューム”で語る『エリザベート-愛と死の輪舞-』の魅力

宝塚歌劇を代表する演目の一つとして人気を集める『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』。黄泉の帝王・トート(死)と美貌の皇后・エリザベートを軸とした幻想的なストーリーと心に響く音楽に加え、繊細さと大胆さを併せ持つコスチュームが『エリザベート』の世界をさらに美しく彩っています。
その衣装デザインを手掛けるのは、幅広い作品に携わり、宝塚歌劇ならではの世界観を構築する衣装デザイナー・有村淳。1996年の初演以来、9公演で衣装デザインを手掛け、10回目の上演となる月組公演でもその感性で新たな魅力を生み出しつづける有村の『エリザベート』にかける思い、デザイナーとしての情熱に迫りました。   

『エリザベート—愛と死の輪舞(ロンド)—』の初演から衣装デザインを担当されていますが、初演の思い出を教えてください。

  

写真 つま先にも装飾されたブーツが目を引く(1996年雪組)

宝塚歌劇団に入団した当初は、年齢的にも若い感性のデザインを求められることが多かったのですが、『エリザベート』では舞台となった時代を忠実に表現したいと考えました。退廃的な世界観や闇の深い部分を描くようなものをつくってみたかったという気持ちもあり、『エリザベート』の仕事にはすんなりと入ることができました。
これは余談になりますが、初演を手掛ける前に、ウィーン版『エリザベート』を観た足でミラノに立ち寄った時のこと。現地のファッション誌で、シンプルな服装のモデルが足を組んで椅子に座っている靴の広告を見て、強烈なインパクトを受けました。そこから、衣装の装飾を抑えて、靴に飾りをつける、というインスピレーションを得て、一路真輝さん演じるトートのブーツに飾りをつけてみました。後から聞いた話ですが、いわゆるスターブーツ(男役スターのブーツ)に装飾が施されたのは、それが最初だったそうです。   

宮廷を舞台にした作品での衣装デザインは『エリザベート』が初めてだったそうですが。

見た目にきらびやかなだけではなく、華やかな貴族の世界と“死”との対比がとても面白い作品なので、いわゆる“時代物”に初めて挑戦したのがこの作品でよかったなと思います。シルエットはエリザベートが生きた時代を感じていただくことを大切にしていますが、素材としては当時とは違う新しい質感のものをクラシックに落とし込んだり、逆に昔からあるタフタ(絹織物の一種)等は一緒に使う生地や装飾品の組合せで現代的な印象に感じられるようにしました。   

今作で『エリザベート』の衣装を担当されるのは10作目となります。

トートの衣装だけでも1公演で十数着あるので、合計すると100着以上デザインしていることになります。しかし、過去の衣装と同じにならないようにと思うと、回を重ねるごとに難易度が増してきました(笑)。   

やはり、同じトート役で100着以上ともなると、違いを出すのは大変ですね。

宝塚歌劇のファンの方々は衣装のディティールまでしっかりと見てくださいますし、過去の衣装との比較分析をされる方もいらっしゃるので、毎回身が引き締まります。職人さんも私の無理難題に対して意欲的に取り組んでくれるだけでなく、逆に自ら試作しアイデアを提案してくれることもあって、協力し合いながら試行錯誤を繰り返しています。   

では、歴代トートの衣装で工夫や苦労された点などはありますか?

彩輝直(現・彩輝なお)さんのときは、シルエット、装飾もデザイン的なものにしました。同じ黒の布でも、透ける布、光沢感のある布、レース…など、1着に10種類ほどの素材を使いました。春野寿美礼さんのときには1ミリほどの小さなラインストーンを職人さんにピンセットで一つひとつ付けてもらったり、水夏希さんのときには刺繍にラインストーンで複雑なデザインを施したりもしました。前回の朝夏まなとさんはソフトなイメージの男役だったので、彼女のスタイルを生かしつつも、逆にハードさが出るようにシャープなデザインにしました。あらためて振り返ってみると、その時々でそのスターに合った工夫をいろいろとしてきましたね。   

写真 (左から)2002年花組公演 春野寿美礼さん、2005年月組公演 彩輝直(彩輝なお)さん、2007年雪組公演 水夏希さん、2016年宙組公演 朝夏まなとさん

公演ごとにさまざまな工夫をされていますが、宝塚歌劇の舞台衣装をデザインする上で心がけていることは?

第一に、シルエットにこだわります。宝塚歌劇の場合、女性である男役が男性を演じ、さらに娘役は女性が演じる男役と同じ舞台に立ちますから、シルエットのバランスがとても大切です。シャープに見せたりキュートに見せたりするために、あるときは格好良くキッチリ整え、あるときはラフに崩すことでバランスを変えて、よりスタイル良く見えるようにと考えてデザインしています。   

女性ばかりで演じる宝塚歌劇ならではの視点ですね。他にはどういったことを大切にされていますか?

素材も、舞台で映えるもの、舞台照明を浴びてもチープに見えないものを選んでいます。必ずしも高級な生地を使うということではないのですが、カジュアルな素材も、使い方によってはまた違った表情になるよう工夫しています。生地は質感や組み合わせによっていかようにも表現が広がるので、デザインをする上で大切な部分です。   



緻密に計算され、細部までこだわりぬいたコスチュームの数々は、それ自体が芸術でありつつ、キャストの魅力を最大限に引き出し、それぞれの役をより輝かせます。今作でも、その作用は存分に発揮されることでしょう。

  

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2018/7/21(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/9/16(日)より一般前売開始!

OPEN