『凱旋門』の魅力

『凱旋門』初演を振り返る

『凱旋門』は、緻密なドラマ構成や台詞の秀麗さを持つ作品を創り出す柴田侑宏と、ドラマティックなステージングで観客を魅了し、独創的な舞台を創り上げる謝珠栄の作・演出作品です。2000年6月に雪組により宝塚大劇場にて上演された『凱旋門』は、好評を博し、翌年2001年8月に博多座にて再演されました。
そして今回、望海風斗率いる雪組に、専科から轟悠を加えたメンバーで名作の再演に挑みます。   

ミュージカル・プレイ『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』

2000年・2001年雪組公演 ■主演…轟 悠、月影 瞳

第二次世界大戦前夜のパリ。風雲迫る中でも毅然として起つ凱旋門と、シャンゼリゼの周辺で起こる激しい人間のドラマを、シャンソンをモチーフにした音楽を絡めながら綴った作品。不穏な時代に生きる人々の心情が丁寧に描かれ、主人公の心の葛藤や揺らぎ、虚無感などを繊細かつ熱く演じた轟悠が文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞。“傑作”ミュージカルとの呼び声が高く、今回、18年ぶりの待望の再演となります。   

ポスター

写真

写真

演出・振付 謝珠栄が語る“初演の思い出”

舞台稽古の時間がすごく足りなかったのを覚えています(笑)。位置決めも出来ないまま、最後の通し稽古に入ったにもかかわらず、轟さん、香寿たつきさんをはじめとする出演者の皆さんが完璧に演じてくれて、さすがタカラヅカだなと感心しましたね。大劇場という専用の劇場を持っていることの強みで、劇場の特性も含めた見せ方のすべてを把握していて、とても真面目に取り組んでいる彼女達だからこそ立派な作品が出来たのだと思います。

今回の再演では、初演でも亡命者で外科医のラヴィックを演じた轟悠と、歌唱力・表現力に定評のある雪組トップスター・望海風斗を中心に、新たな演出を加えて上演します。
寺田瀧雄が手がけた「雨の凱旋門」をはじめとする名曲に彩られた、心揺さぶる雪組公演『凱旋門』にどうぞご期待ください。   

OPEN