制作発表会レポート

9月25日(火)、宝塚歌劇雪組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から] 彩風 咲奈(雪組)、中村 一徳(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、大西 幸彦様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、望海 風斗(雪組)、真彩 希帆(雪組)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、三井住友カード株式会社 代表取締役社長・大西幸彦様、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家・中村一徳、雪組トップスター・望海風斗、雪組トップ娘役・真彩希帆、彩風咲奈が登壇しました。   

珠玉のメロディで描く、感動のミュージカル

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに、脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによって1991年に初演。宝塚歌劇では2004年に宙組で上演、心に響く楽曲の数々を散りばめたロマンティックな舞台が高い評価を得て、その後の再演も好評を博し、常に上演希望が寄せられる人気ミュージカルとなりました。伸びやかな歌声に定評のある望海風斗率いる雪組がつくり上げる新たな『ファントム』の世界に、大きな期待が寄せられます。   

美しくもミステリアスなパフォーマンス

制作発表会は、『ファントム』のパフォーマンスから始まりました。
壇上に浮かび上がったのは、純白のドレスに身を包んだ真彩希帆。「Home」のメロディに、クリスティーヌの想いを乗せて歌います。
続いてファントムに扮した望海風斗が現れ、クリスティーヌへの慈愛にあふれた歌声で熱唱。真彩の透明感のある歌声と重なり、厚みのあるハーモニーとなって会場を包みました。

続いて披露されたのは、望海による「Where in the world」。ファントムの絶望から希望へとうつろう心情の吐露は、聴く者の心を大きく揺さぶります。   

写真

一転して「The Bistro」の軽やかな前奏が流れ、キャリエールに扮した彩風咲奈が爽やかに登場します。望海、真彩も加わって賑やかなパリのビストロを感じさせるナンバーを歌い上げると、今作のアンサンブルの楽しさも予感させ、会場から惜しみない拍手がおくられました。   

写真

美しい楽曲に乗せ、さまざまな感情が観る者の心突き動かす感動作『ファントム』。今の雪組ならではの魅力でお送りする名作ミュージカルに、どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2018/10/6(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/11/25(日)より一般前売開始!

OPEN