宙組トップスター・朝夏まなと 退団記者会見

2017/03/09

3月8日(水)、宙組トップスター・朝夏まなとが、ミュージカル・プレイ『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~、レヴューロマン『クラシカル ビジュー』(宝塚大劇場:2017年8月18日~9月25日、東京宝塚劇場:2017年10月13日~11月19日)をもって退団する事を発表し、記者会見を行いました。   

小川友次(宝塚歌劇団理事長)
「宙組トップスター・朝夏まなとが、2017年11月19日の東京宝塚劇場公演千秋楽をもちまして、宝塚歌劇団を卒業いたします。彼女は日本初演20周年記念の『エリザベート』でトート役を務めるなど、これまで宙組を率いて、素晴らしいダンスに加え、歌唱も抜群に力を発揮し、本当に頼もしいトップスターになってくれたと思います。退団のその日まで皆さまのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。」

朝夏まなと
「2017年11月19日をもちまして、宝塚歌劇団を卒業させていただくことになりました。今まで私を支え、応援してくださったファンの皆さまをはじめ、ここまで育ててくださった皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいでございます。卒業する最後の日まで、男役として進化し続けてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

~退団を決意したきっかけ~
「日本初演20周年記念という節目の年に、『エリザベート』という大作に宙組が挑戦させていただき、みんなの意識がひとつになった感覚と、私自身はトート役を無事に務めることができたことに充実感を得ましたので、決意いたしました。」

~タカラヅカ人生で思い出に残っていること~
「宝塚大劇場のお披露目公演『王家に捧ぐ歌』の初日です。大きな羽根を背負って、初めて大階段を下りた時に、宙組の組子や皆さまが温かく迎えてくださった光景が目に焼き付いています。」

~トップとして心がけてきたこと~
「“宙組の太陽”として、みんなを照らす存在になれたらという思いで、これまで精進してまいりました。その思いは変わらずに、退団のその日まで全力で舞台を務めてまいります。」

~相手役の実咲凜音について~
「実咲はトップ娘役として、先に宙組で主演を務めていましたので、その経験が確実に身となり、私をすごく支えてくれました。彼女には縁を感じるとともに感謝しています。」

~宙組への思い~
「最後の日まで付いてきてほしいと組子のみんなに伝えると、とても元気に応えてくれたので、頼もしいと感じました。宙組のみんなのパワーに支えられて、今の私がいるとすごく実感しています。」

~退団公演『神々の土地』『クラシカル ビジュー』について~
「上田久美子先生と稲葉太地先生のオリジナル作品で卒業させていただくことを、とても幸せに感じております。宝塚歌劇の舞台として、皆さまの記憶に残るような作品を目指したいと思います。」

~ファンの皆さまへのメッセージ~
「退団するその日まで、皆さまに夢を見ていただけるように、私自身も進化し、自分らしく男役を全うしたいと思いますので、最後まで付いてきてください。」   

  

朝夏まなとプロフィール

佐賀県佐賀市出身 佐賀大学文化教育学部付属中学出身
2000年4月 宝塚音楽学校入学
2002年3月 宝塚音楽学校卒業、宝塚歌劇団入団
2002年4月 『プラハの春』で初舞台
2002年5月 花組に配属
2012年6月 宙組へ組替え
2015年2月 宙組トップスターに就任   

主な舞台歴   ※劇場名のないものは全て宝塚大劇場公演

2002年4~5月
『プラハの春』で初舞台
2005年3~5月
『マラケシュ・紅の墓標』ニコラ/(新人公演)リュドヴィーク ※新人公演初主演
2007年2~3月
『明智小五郎の事件簿—黒蜥蜴』書生(杉野)/(新人公演)明智小五郎
2008年3月
『蒼いくちづけ』(バウホール)ドラキュラ伯爵 ※バウ・ワークショップ初主演
2009年7月
『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)ジェラルド/ジャッキー ※役替わり
2010年1月
『BUND/NEON 上海』(バウホール)クリストファー・ブレナン ※バウホール公演初主演
2010年11月
『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウホール)ジャスティン
2011年6~7月
『ファントム』シャンドン伯爵/セルジョ、若かりし頃のキャリエール ※役替わり
2012年8~10月
『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ジークフリード・キルヒアイス
2013年3~4月
『モンテ・クリスト伯』フェルナン
2013年9~11月
『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ/アシュレ・ウィルクス ※役替わり
2014年2月
『翼ある人びと』(シアター・ドラマシティ)ヨハネス・ブラームス
2014年5~6月
『ベルサイユのばら—オスカル編—』アンドレ/ジェローデル ※役替わり
2014年8~9月
『ベルサイユのばら—フェルゼンとマリー・アントワネット編—』(全国ツアー)フェルゼン ※全国ツアー公演初主演
2014年11~12月
『白夜の誓い』カール・ポンタス・リリホルン
2015年3月
『TOP HAT』(梅田芸術劇場)ジェリー・トラバース
2015年6~7月
『王家に捧ぐ歌』ラダメス
2015年10~11月
『メランコリック・ジゴロ』(全国ツアー)ダニエル
2016年1~2月
『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』ウィリアム・シェイクスピア
2016年7~8月
『エリザベート-愛と死の輪舞-』トート
2016年11~12月
『バレンシアの熱い花』(全国ツアー)フェルナンド・デルバレス
2017年 2~3月
『王妃の館 -Château de la Reine-』北白川右京   

今後の予定

(1)2017年3月31日(金)~4月30日(日)<東京宝塚劇場>
ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』 脚本・演出/田渕大輔
スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』 作・演出/中村暁
(2)2017年6月6日(火)~6月11日(日)<梅田芸術劇場メインホール>
2017年6月23日(金)~6月28日(水)<文京シビックホール>
朝夏まなとアメイジングステージ『A Motion(エース モーション)』 作・演出/齋藤吉正
(3)2017年8月18日(金)~9月25日(月)<宝塚大劇場>
ミュージカル・プレイ 『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~ 作・演出/上田久美子
レヴューロマン『クラシカル ビジュー』 作・演出/稲葉太地
(4)2017年9月27日(水)~28日(木)<パレスホテル東京>
2017年10月2日(月)~10月3日(火)<ホテル阪急インターナショナル>
朝夏まなとディナーショー
(5)2017年10月13日(金)~11月19日(日)<東京宝塚劇場>
演目は(3)と同じ   

OPEN