宝塚大劇場 2018年新春鏡開き

2018/01/01

1月1日(月・祝)、宝塚大劇場新春恒例の鏡開きが、月組トップスター・珠城りょう、月組トップ娘役・愛希れいかにより執り行われました。
両名は、新年を祝して鏡開きを行い、乾杯したあと、ご来場のお客様に感謝と本年の抱負を述べました。   

写真

珠城 りょう
「明けましておめでとうございます。新しい年の幕開けに、大勢のお客様にお越しいただきありがとうございます。舞台とはまた違った経験ができ嬉しく思います。昨年の今日は、新生月組の宝塚大劇場お披露目公演の初日でした。あっという間でしたが、大変楽しく、充実した1年になりました。これからも皆様に愛していただけるよう、そして、より多くの方々に宝塚歌劇の舞台を知っていただけるように舞台を創ってまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」

愛希 れいか
「明けましておめでとうございます。たくさんのお客様にロビーにお集まりいただき、このような光景を目にすることはなかなかできませんので、とても嬉しいです。 昨年は、新しい月組がスタートし、新鮮な気持ちで、たくさんの挑戦をさせていただいた1年でした。いつも宝塚歌劇を愛してくださるお客様に感謝し、2018年も、努力を惜しまず、精一杯皆様に楽しんでいただける舞台を目指して取り組んでまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」   

OPEN