宝塚大劇場 2019年新春鏡開き

2019/01/01

1月1日(火・祝)、宝塚大劇場新春恒例の鏡開きが、花組の柚香光、月組の美弥るりか、宙組の芹香斗亜により執り行われました。
3名は、ご来場のお客様に新年のご挨拶を申し上げたあと、鏡開きを行い、新年を祝って乾杯いたしました。   

写真 (左から)柚香 光(花組)、美弥 るりか(月組)、芹香 斗亜(宙組)

美弥 るりか(月組)
「昨年はたくさんの方に宝塚歌劇を愛していただきました。本年も更に、一人でも多くの方に笑顔になっていただける素敵な舞台をお届けできるよう、日々お稽古に励んでまいります。本日の鏡開きに、組を越えて、皆様の前に立てるこのような光栄な機会をいただき、本当に嬉しく思います。皆様に、今年もたくさんの幸せが降り注ぎますよう心からお祈り申し上げます。」

芹香 斗亜(宙組)
「2018年もたくさんの愛を皆様からいただいて、本日を迎えることができました。2019年も皆様の愛にお応えできるよう、感謝の気持ちをもって、イノシシのように駆け抜けてまいりたいと思います。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。」

柚香 光(花組)
「2018年もたくさんの魅力的な作品とお客様の笑顔に出会えた一年でした。今年の年末に一年を振り返った時、この舞台が好きだったな、とお客様の心に残るような作品を創ってまいりたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。」   

OPEN