雪組公演『壬生義士伝』『Music Revolution!』制作発表会

2019/04/18

このたび、株式会社かんぽ生命保険様のご協賛を賜り、かんぽ生命 ドリームシアター 幕末ロマン『壬生義士伝』~原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)~と、かんぽ生命 ドリームシアター ダイナミック・ショー『Music Revolution!』を上演いたします。

4月17日(水)、今作の制作発表会が行われましたので、その模様を一部お届けいたします。
※詳細は後日、当ホームページで掲載いたします。   

写真 (左から)中村 一徳(宝塚歌劇団 演出家)、石田 昌也(宝塚歌劇団 演出家)、浅田 次郎様(「壬生義士伝」原作者)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、植平 光彦様(株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長)、望海 風斗(雪組)、真彩希帆(雪組)、彩風 咲奈(雪組)

まず、『壬生義士伝』で吉村貫一郎を演じる雪組トップスター・望海風斗と、しづに扮した雪組トップ娘役・真彩希帆が「石を割って咲く桜」を、大野次郎右衛門を演じる彩風咲奈が「南部讃歌」を披露し、原作のなかでもキーポイントとなる南部藩を脱藩するシーンを特別バージョンとしてパフォーマンスすることで、会場を幕末南部の世界へと誘いました。   

写真

  

その後、「壬生義士伝」の原作者である浅田次郎氏と、『壬生義士伝』の脚本・演出を担当する宝塚歌劇団演出家の石田昌也、『Music Revolution!』の作・演出を担当する宝塚歌劇団演出家の中村一徳も加わり、出演者とともに公演にかける思いを語りました。   

望海 風斗

大変多くのファンがいらっしゃる素晴らしい小説「壬生義士伝」を原作としたこの作品に挑戦させていただけることを、とても嬉しく思っております。昨年春の全国ツアー公演で、同じく石田先生の作品である『誠の群像』という、『壬生義士伝』と同じ新選組を題材にした作品に出演させていただきましたが、今回はまた違った角度から見る新選組の姿や、武士として、人としての生き様、命の大切さなどを表現し、お客様にお届けしたいと思います。そして、ショー『Music Revolution!』は、今の雪組を知り尽くしてくださっている中村先生の作品ですので、安心して先生にお任せし、雪組の勢いをお客様に感じていただけるよう、出演者一丸となって頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。   

真彩 希帆

お芝居では“しづ”と“みよ”の二役に挑戦させていただきます。しづは望海さんが演じられる吉村貫一郎の妻ですので、子を持つ母としての強さや夫を待つ妻としての強さなど、役の心を、ご覧になるお客様にしっかりお伝えしたいと思います。ショーは、いつも新たな気持ちで取り組むことができ、ワクワクさせてくださる中村先生の作品ですので、とても楽しみです。お客様に“革命”をお届けできますよう、みんなで精一杯お稽古を重ねてまいりたいと思っております。   

彩風 咲奈

浅田次郎先生の作品には、人間の生きる力が込められていると感じます。今回、大野次郎右衛門役を演じさせていただくにあたり、原作からたくさんのことをひも解いて人物像を広げていきたいです。望海さん演じる吉村貫一郎と大野は竹馬の友ですが、とても複雑な関係で、一筋縄では演じられない気がしておりますので、望海さんと心と心をぶつけ合いながら、お稽古に励みたいと思っています。そして、ショー『Music Revolution!』ですが、中村先生の作品は、構成が色とりどりで、それぞれのシーンでパワーが爆発している印象がございますので、私自身も今持ちうるパワーを存分に爆発させ、望海さんを中心とした出演者全員で一生懸命取り組んでまいります。   

写真

なお、制作発表会の詳細の模様は、後日、掲載いたします。   

雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター『壬生義士伝』『Music Revolution!』

  • 宝塚大劇場:2019年5月31日(金)~7月8日(月)[一般前売:2019年4月27日(土)]
  • 東京宝塚劇場:2019年7月26日(金)~9月1日(日)[一般前売:2019年6月30日(日)]

OPEN