「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」の施行にともなう宝塚歌劇公演チケット販売のサービス内容一部変更について

2019/06/13

  

いつも宝塚歌劇をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

宝塚歌劇はこの度の「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(文化庁ホームページ)の施行にともない、以下の通り、チケット販売におけるサービス内容を一部変更いたします。   

一般前売チケットご購入時におけるお客様の氏名取得およびチケット券面への記載

6月27日より宝塚歌劇Webチケットサービス(電話受付も同様)にて、一般前売チケットをご購入の際にお客様の氏名を取得させていただきます。
それにより、ご購入いただいたチケットには券面にご購入者の氏名が表記されます。

※Web上でのお客様情報入力画面の操作方法等については、こちらをご確認ください。
※劇場窓口での販売時については、後日、宝塚歌劇公式ホームページ内にてご案内いたします。

  

なお、上記の「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」において、違反者は「1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又は併科」に処される可能性がございます。お客様におかれましては、本法律の内容をご確認のうえ、法令を遵守いただきますようお願い申し上げます。

また、チケット裏面に記載しております通り、不正に転売されたチケットや、券面記載事項が改ざん・改変されたチケットは無効となり、当日は入場をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。   

OPEN