東京宝塚劇場 客席リニューアル工事について

2021/12/16

東京宝塚劇場では、皆様に宝塚歌劇公演を快適にご観劇いただくため、これまで施設の改修を適宜進めてまいりましたが、客席の座席につきまして、2001年1月の開場以来20年が経過することから、このたび、リニューアル工事を実施いたします。
工事期間中は休演となり、お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、公演再開後には新装となった客席で、これまで以上に宝塚歌劇をお楽しみいただければ幸いです。リニューアル工事の概要は次の通りです。

1.工事期間
2022年2月7日(月)~2月24日(木)

2.座席の仕様
現在宝塚大劇場で使用しております座席をベースに、より快適性を高めた座席を設置いたします。
  

画像 客席イメージ図

3.座席の増設について
このたびの客席リニューアル工事におきまして、1階席の中央ブロックを、現行の各列19席から、奇数列20席、偶数列19席の千鳥配列に変更いたします。また、2階席のA席、B席の一部の配列を見直します。これにより、新たな客席数は2,079席(現行2,065席)となります。(車いすスペース除く)

※新しい座席表はこちら
※2022/2/25~ 客席リニューアル後の座席表です。(黄色は増席箇所)
※政府や自治体ならびに業種別(緊急事態舞台芸術ネットワーク)の新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインを踏まえた内容にて販売いたします。
  

OPEN