月組 東京宝塚劇場公演【月城かなと 退団】千秋楽

2024.07.08

7月7日(日)、月組東京宝塚劇場公演 ミュージカル・ロマン『Eternal Voice 消え残る想い』、レビュー・アニバーサリー『Grande TAKARAZUKA 110!』が千秋楽を迎えました。

月組トップスター月城かなとが、東京宝塚劇場での最後の舞台に立ち、客席からの温かい拍手に包まれながらその幕を下ろした後、引き続き、記者会見を行いました。   

写真

月城かなと
「全員で無事に千秋楽の舞台を終えることができ、とても清々しい気持ちです。本当にありがとうございました。」

Q. 最後の舞台を終えて、今の心境は?
A. 宝塚でしか演じることができない男役から何を学んだのかを考えた時、自分のこと以上に他人の幸せを願えること、それこそが男役の格好良さ、素敵なところであり、これを勉強させていただいたのだと、あらためて実感しています。多くの方からたくさんのお気持ちを頂戴し、自分に自信と余裕を持って舞台を楽しんで退団できるとは、入団当初は想像していなかったので、今とても幸せです。

Q. サヨナラショーの印象的なラストシーンについて
A. 私と海乃美月のトップコンビは宝塚の舞台上でこそ成立するものですので、公演タイトルにある「消え残る想い」のとおり、残したい想いは感謝のほか色々とありますが、確かにそこに私たちがいて、この二人で舞台に立ち築いてきたものが、皆さまの心に残ることを願って、二人のシルエットを最後の場面に選びました。

Q. 最後の衣装に袴を選んだ理由は?
A. 東京公演の千秋楽は宝塚歌劇団の生徒としての卒業でもありますので、最後は緑の袴で、そして身も心も清々しく、宝塚への感謝を込めたいと思い、白い花を選びました。

Q. これからの月組に期待すること
A. 今の月組は下級生に至るまで全員が臆することなく、ありのままの自分を出せる温かい空気の中で舞台をつくっていますので、これからもっと幅広い作品が観られるのではないかと楽しみにしています。

Q. 今、自身に言葉を掛けるとしたら?
A. この退団公演では、私が舞台に立つことで喜んでくださる方がいることや、組を率いてきたことに意味があるのだと自分で認められたこと、そういった得難い気持ちを発見でき、楽しく最後の舞台を終えられました。舞台が大好き、宝塚が大好きという想いで退団できる自分に「おつかれさま」と言いたいです。   

写真