メニュー メニュー

花組公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』制作発表会

2019/07/05

このたび、三井住友VISAカード株式会社様ならびにVJAグループご有志各社様のご協賛を賜り、三井住友VISAカード シアター Musical『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』と、三井住友VISAカード シアター レヴューロマン『シャルム!』を上演いたします。

7月4日(木)、今作の制作発表会が行われましたので、その模様を一部お届けいたします。
※詳細は後日、当ホームページにて掲載する予定です。

写真 [左から]柚香 光(花組)、稲葉 太地(宝塚歌劇団 演出家)、植田 景子(宝塚歌劇団 演出家)、大西 幸彦様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、明日海 りお(花組)、華 優希(花組)

まず『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』から、花組トップスターの明日海りお(青い薔薇の精エリュ役)と、柚香光(ハーヴィー・ロックウッド役)が「Blue Rose~幻の中に咲く花~」を、続いて明日海とトップ娘役の華優希(シャーロット・ウィールドン役)が「Never forget you~あなたを忘れない~」を、そして三名が揃って「Like a Fairy Tale」を、担当作曲家らによるピアノとヴァイオリンの生演奏にあわせて華麗に歌い上げ、会場を幻想的な世界へと誘いました。

写真

パフォーマンス披露の後、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』の作・演出を担当する宝塚歌劇団演出家の植田景子と、『シャルム!』の作・演出を担当する宝塚歌劇団演出家の稲葉太地も加わり、出演者とともに公演にかける意気込みなどを語りました。

明日海 りお

退団発表以降、ふとした瞬間に、花組の仲間と会話を交わすのもあと少しなのだと、しんみりしてしまったり、何より大好きなタカラヅカの舞台に、大好きな男役として立つことがなくなると思うと寂しい気持ちになったりもしますが、初舞台からご縁のある植田景子先生と稲葉太地先生に、私の最後の公演を担当していただき、大きな安心感があります。様々な気持ちが渦巻く中での公演になると思いますが、より良い舞台を目指して、まずは花組全員が胸を張り、誇りを持って、元気に初日を迎えられるよう、心をこめてお稽古に励んでまいります。そして、いつも応援してくださるファンの皆様、観に来てくださるお客様のお心を常に忘れずに、頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

華 優希

お芝居のシャーロット・ウィールドンという役とは、まだ出合ったばかりですので、これから理解を深めて役づくりに励みたいと思っております。植田景子先生の描かれる、自由な心をもった素敵な女性像を、明日海さんと気持ちを通わせながら丁寧に演じさせていただきます。また、私が花組の配属になってから初めてのショーが稲葉先生の作品でしたので、今回、担当いただけることに、ご縁を感じ、大変光栄に思っております。明日海さんが卒業される日まで、精一杯学ばせていただき、精進してまいります。

柚香 光

お芝居では、幻想的な青い薔薇の精の世界観と、現実社会に生きるハーヴィーがどう関わり、影響し合っていくのか、また、明日海さん演じるエリュと出会うことによって何を感じ、何を学ぶのかと、私自身が今からとても楽しみにしております。一方ショーは、私にとって思い出深い特別な作品『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』をご担当された稲葉先生が手掛けられますので、大変嬉しく思います。お客様にお楽しみいただき、新たな一面をお見せできるような舞台をお届けするべく、頑張ってまいります。そして何より、尊敬する明日海りおさんに最後まで、しっかりと付いてまいりたいと思います。

写真

なお、制作発表会の詳細の模様は、後日、掲載いたします。

花組公演
三井住友VISAカード シアター『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』

  • 宝塚大劇場:2019年8月23日(金)~9月30日(月)[一般前売:2019年7月13日(土)]
  • 東京宝塚劇場:2019年10月18日(金)~11月24日(日)[一般前売:2019年9月15日(日)]