メニュー メニュー

花組トップ娘役・華優希 退団記者会見

2020/11/18

11月17日(火)、花組トップ娘役・華優希が、ドラマ・ヒストリ『アウグストゥス-尊厳ある者-』、パッショネイト・ファンタジー『Cool Beast!!』(宝塚大劇場:2021年4月2日~5月10日、東京宝塚劇場:2021年5月28日~7月4日)をもって退団することを発表し、記者会見を行いました。

画像

小川友次(宝塚歌劇団理事長)
「華優希が2021年7月4日の花組東京宝塚劇場公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を卒業いたします。彼女は『ポーの一族』のメリーベル役をはじめ、素晴らしい演技を見せてくれたと思います。今年はコロナ禍で彼女にとっても大変つらい時期だったでしょうが、柚香光とともにこの状況に耐え、花組を率いてくれました。退団の日まで、彼女らしく頑張ってくれることと期待しています。」

華優希
「次回の宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演をもちまして、卒業させていただきます。未熟な私をいつも温かく見守り、応援してくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。より良い舞台をお届けできるよう、最後の日まで精進を重ね、誠心誠意取り組んでまいります。」

~退団を決意したきっかけ~
「大変責任のある立場をいただいたとき、光栄であると同時に、卒業の時期も意識し始めました。卒業を決意した具体的な時期は『DANCE OLYMPIA』のお稽古のタイミングです。」

~退団を伝えたときの仲間の反応~
「このような状況下のため、公演中の楽屋でも直接お話ができる機会は少なかったのですが、卒業のことをお伝えしたときに、たくさんの優しい言葉をかけていただき、あらためて花組の皆さんの温かさを感じました。愛にあふれた世界で、大好きな宝塚の舞台に立てる幸せを強く噛み締めております。」

~印象に残っている役~
「出演したどの作品、いただいたどの役にもすべてに思い入れがありますが、やはり先日まで演じた『はいからさんが通る』の花村紅緒です。3年前の初演での出会いから、大劇場公演として再演をさせていただくまでの期間も、ずっと彼女に励まされてきたように感じていて、一生忘れられない役になりました。」

~相手役への想い~
「明日海りおさんは、私が花組に配属した時から、すでにトップスターでいらして、とても偉大な存在でした。それにも関わらず、経験の浅い私を相手役として尊重してくださり、私の意見や考えなども聞いてくださいました。柚香光さんは、私が下級生時代から、近い存在でもいらしたので、私の長所も短所もすべてをご存知のうえで導いてくださり、とても感謝しております。素晴らしいお二人の相手役を務めさせていただき、本当に幸せです。」

画像

華優希プロフィール

京都府京都市出身 立命館高校出身
2012年4月 宝塚音楽学校入学
2014年3月 宝塚音楽学校卒業、宝塚歌劇団入団
2014年3月 『宝塚をどり』で初舞台
2015年2月 花組に配属
2019年4月 花組トップ娘役に就任

主な舞台歴   ※劇場名のないものは全て宝塚大劇場公演

2014年3~4月
『宝塚をどり』で初舞台
2015年8月
『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』『宝塚幻想曲』<台北國家戲劇院>
2017年6~7月
『邪馬台国の風』少年タケヒコ/(新人公演)ヒミコ(マナ) ※新人公演初ヒロイン
2017年10月
『はいからさんが通る』<梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ>花村紅緒 ※初ヒロイン
2018年1~2月
『ポーの一族』メリーベル
2018年11~12月
『メランコリック・ジゴロ』『EXCITER!!2018』<全国ツアー>
2019年2~3月
『CASANOVA』セラフィーナ/(新人公演)ベアトリーチェ
2019年6月
『恋スルARENA』<横浜アリーナ>
2019年8~9月
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』シャーロット・ウィールドン
2020年1月
『DANCE OLYMPIA』<東京国際フォーラム ホールC>
2020年7~9月
『はいからさんが通る』花村紅緒

今後の予定

(1)2021年1月9日(土)~1月19日(火)<東京国際フォーラム ホールC>
ブロードウェイ・ミュージカル『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』 潤色・演出/原田諒
(2)2021年2月2日(火)~2月9日(火)<梅田芸術劇場メインホール>
演目は(1)と同じ
(3)2021年4月2日(金)~5月10日(月)<宝塚大劇場>
ドラマ・ヒストリ『アウグストゥス-尊厳ある者-』 作・演出/田渕大輔
パッショネイト・ファンタジー『Cool Beast!!』 作・演出/藤井大介
(4)2021年5月中旬(未定)<宝塚ホテル>
華優希ミュージック・サロン『タイトル未定』 演出/未定
(5)2021年5月28日(金)~7月4日(日)<東京宝塚劇場>
演目は(3)と同じ