宝塚歌劇の歩み(1962年-1981年)

ブロードウェイミュージカル上演、そして空前のタカラヅカブーム到来

1974年初演の『ベルサイユのばら』 1974年初演の『ベルサイユのばら』

驚異的な経済復興を成し遂げ、人々や世間が国内から世界へと目を向けていったのが1960年代。宝塚歌劇においては、作品作りに海外の力を取り入れるようになりました。

その先駆けとして、パディ・ストーン氏の振付による『シャンゴ』を始めとした一連のショー作品により宝塚歌劇に格段のダンス技術の向上がもたらされ、1967年『オクラホマ!』、1968年には『ウエストサイド物語』といった、初のブロードウェイ作品に挑戦するための礎となりました。

1970年代には『ベルサイユのばら』が上演され、日本芸能史上空前の大ブームに。観客動員数も140万人を数え、まさに宝塚の黄金時代を築きました。   

西暦(元号)
世の中の動き
主な出来事
1964年(昭和39年)
東京オリンピック開催
東京の新宿コマ劇場で初公演
東京宝塚劇場のほか、1971年までは年2回、以後1981年まではほぼ年1回、新宿コマ劇場で公演されるようになる。

「宝塚歌劇50周年・物故者慰霊祭」を宝塚大劇場で執行

宝塚大劇場で「宝塚歌劇50周年記念式典」
この式典で「宝塚歌劇団団歌」を発表した。
1965年(昭和40年)
パリ公演(第2回ヨーロッパ公演)
33回公演。初めて洋物ショーを上演した。
1967年(昭和42年) 宝塚歌劇初の外国ミュージカル『オクラホマ!』を上演

中日劇場での公演開始
花組『日本の幻想』『煌めく星の下に』を上演。以後、毎年1~2回公演されている。
1968年(昭和43年)
二作目のブロードウェイ・ミュージカル『ウエストサイド物語』上演
11月の東京公演『ウエストサイド物語』で芸術祭賞大賞を受賞する。
1969年(昭和44年) 三作目のミュージカル『回転木馬』を上演
1970年(昭和45年) 『タカラヅカEXPO'70』上演
大阪千里で開かれた日本万国博覧会協賛の和洋ショー。順次各組で公演した。この公演から上演時間を30分短縮させ、幕間を入れた3時間という現在の形となる。
1973年(昭和48年) 『パレード・タカラヅカ』上演
小林一三生誕百年記念公演。

第一回東南アジア公演
ビルマ
(現ミャンマー)、マレーシア、シンガポールの3ヵ国で和洋のショーを上演。
1974年(昭和49年) 宝塚大劇場で「宝塚歌劇60周年記念式典」

阪急西宮球場にて宝塚歌劇大運動会を開催

『ベルサイユのばら』初演

池田理代子原作、植田紳爾脚本・演出。1976年までに各組で上演、観客合計140万人という空前の大ブームとなる。
1975年(昭和50年) 宝塚大劇場の公演期間を1ヶ月から45日制に変更
月組公演『春の踊り』『ラムール・ア・パリ』から公演期間を一ヶ月半とし、これまでの年12公演が8公演となった。

第3回ヨーロッパ公演に出発
ソビエト連邦(現ロシア)の5都市とパリで公演。
1977年(昭和52年)  『風と共に去りぬ』初演
アメリカ文学の最高傑作を植田紳爾脚本・演出で上演。翌年にかけて4組で上演、観客数は134万人に達した。
1978年(昭和53年) 「宝塚バウホール」が竣工
昭和47年8月に取り壊された宝塚新芸劇場(元の中劇場)以来の第二劇場の誕生。第1回公演は花組『ホフマン物語』。

中南米公演
メキシコ、アルゼンチン、ブラジルで公演。
1981年(昭和56年) 「逸翁に捧げる夕べ」を宝塚大劇場で開催

阪急西宮球場で「宝塚歌劇大運動会」

OPEN