チケット不正転売禁止法違反による逮捕事案について

2020/01/09

2020年1月8日に関東在住の男性が宝塚歌劇公演のチケットを転売サイトへ出品し不正な転売を行った容疑で、兵庫県警により逮捕されたことが発表されました。昨年11月の警視庁による逮捕者に続き、チケット不正転売禁止法違反による逮捕事案となります。

これまでも繰り返しお伝えしてきましたとおり、宝塚歌劇では転売を目的としたチケットの購入を固くお断りしております。
宝塚友の会においては、会員規約を一部改定するとともに、独自に転売サイト等の調査も行い、本人特定時の警告や悪質な転売に対しての会員資格の停止措置、転売状況を踏まえたご入場時の本人確認等にも鋭意取り組んでまいりました。
また、昨年施行された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(チケット不正転売禁止法)に合わせて、当ホームページでもチケットの不正転売に関する注意喚起を行うとともに、チケットストリートやチケット流通センター等の転売サイト運営者に対し、不正転売チケットの出品取り下げを申し入れてまいりました。
しかしながら、依然として不正転売が後を絶たない状況につきまして、誠に遺憾に思っております。

弊社が主催する宝塚歌劇公演のチケットは、本法律に定める特定興行入場券として販売しており、違反者は「1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又は併科」に処される場合がございます。
また、最近は転売サイトでチケットを購入されたお客様がご来場時に警察から事情聴取を求められるなど、出品者の捜査に対して、ご協力いただくケースが増えております。

改めまして、こうしたトラブルに巻き込まれないようご注意いただきますともに、弊社といたしましては、不正転売の防止に向け、今後も継続して厳正な措置をもって対策に取り組み、警察の捜査へ全面的に協力していく方針ですので、今後とも、お客様のご理解とご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

「チケット不正転売禁止法」(文化庁ホームページ)
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/ticket_resale_ban/index.html

宝塚歌劇チケットのリセールは公認サイト「チケトレ」をご利用ください。
https://tiketore.com/magazines/special/takarazuka/   

OPEN