公演解説

作品紹介

主演

蘭寿 とむ、蘭乃 はな   

解説

ミュージカル
『ラスト・タイクーン —ハリウッドの帝王、不滅の愛— 』
~F・スコット・フィッツジェラルド作「ラスト・タイクーン」より~
脚本・演出/生田 大和
 
20世紀のアメリカ文学の代表的な作家であるフィッツジェラルドが最後に取り組んだ未完の長編小説「ラスト・タイクーン」のミュージカル化。1930年代のハリウッド映画界を舞台に、大物プロデューサーの栄光と挫折、そして女優であった亡き先妻と瓜二つの未亡人とのロマンスを描いたミュージカルです。尚、この公演は生田大和の宝塚大劇場デビュー作となります。


メガステージ
『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』
作・演出/齋藤 吉正
 
これまで培われてきた宝塚独自のレビュー、ショーに、時代を反映した洒落たセンスを織り込み、100周年以降のレビュー、ショーの新たな形式を提示する意欲的なステージ。 “眩しい夢”の数々が“無限”の可能性に満ちた100周年となるよう、願いを込めた舞台です。   

※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。
  

OPEN