公演解説

作品紹介

主演

柚希 礼音   

解説

ミュージカル

『太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~』
Le Spectacle Musical ≪Le Roi Soleil≫
Produced by ACN, organized by Dove Attia, Albert Cohen and NRJ Entertainment
International Licensing & Booking of ≪Le Roi Soleil≫
G.L.O, Guillaume Lagorce, info@glorganisation.com
脚本・演出/木村 信司

 
2005年にパリで初演されたフランス・ミュージカル『太陽王』は、17世紀のフランス国王ルイ14世=太陽王の生涯を、彼の恋愛に焦点を当てながら、流麗なフレンチロックに乗せてダイナミックに描いたスペクタクル・ミュージカルです。
わずか4歳で即位、長く傀儡政権であった王が自立し、「朕は国家なり」との言葉を残し、絶対君主となった時、最も高い場所に上がったルイ14世には、国王であるがゆえの孤独と闘いながら、国王として愛されるのではなく、ひとりの人間として愛されるため、多くの女性の存在がありました。ヴェルサイユ宮殿の建設や王立バレエ・アカデミーの創立など、フランス文化を興した最初の王と言われる、ルイの王としての葛藤を、珠玉の音楽の数々に乗せて描きます。
初演以来8年間フランスの最高興行記録を打ち立て、ヨーロッパで170万人以上の観客を動員したこの大作を、柚希礼音率いる星組が、宝塚初演、日本初演として上演いたします。   

※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。
  

OPEN