公演解説

作品紹介

主演

龍 真咲(月組)、轟 悠(専科)   

解説

宝塚グランドロマン

『風と共に去りぬ』
原作/マーガレット・ミッチェル
脚本・演出/植田 紳爾
演出/谷 正純
 
今なお世界中で多くの人に愛されているベストセラー小説であり、映画版の大ヒットでも有名な名作「風と共に去りぬ」を、宝塚歌劇がミュージカル化したのが1977年。南北戦争を舞台に繰り広げられるドラマティックでスケールの大きい舞台は好評を頂き、以来、再演を重ね、公演回数1341回、観客動員数299万4千人を誇る宝塚歌劇の代表作の一つです。今回は、2014年1月梅田芸術劇場で公演し好評を博した主演コンビ、スカーレット役の龍 真咲、レット・バトラー役の轟 悠を中心に、月組選抜メンバーにより中日劇場で上演します。
  

※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。
  

OPEN