公演解説

作品紹介

主演

早霧 せいな、咲妃 みゆ   

解説

ミュージカル・ロマン

『星影の人』-沖田総司・まぼろしの青春-
作/柴田 侑宏
演出/中村 暁
 
1976年、汀夏子主演により雪組で初演され、2007年に同じく雪組の水夏希主演で再演された日本物の名作の再演。新選組にまつわる数々の物語の中でも、沖田総司を中心としたエピソードとして、虚実織り交ぜながら、その短くも激動の青春を、爽やかにそして哀しく謳いあげる。
幕末の動乱期。勤皇佐幕両派が相争っていた頃。沖田総司は、新選組一番隊組長の位置にあった。
文久四年の夏。祇園の一角で、激しい斬り合いの音がする。沖田が七、八人の浪士を相手にしていたのだ。帰り路を急ぐ沖田に雨が降りかかる。そこへ傘をさした芸妓玉勇が通りかかる。傘を貸した玉勇は、新選組の沖田という名前を聞いて、何か心に残るものがあった。
壬生の新選組の屯所に、町人姿に身をやつした山崎丞が、桂小五郎の居所を突き止めたと駆けつけてくる。さっそく副長の土方歳三や沖田を先頭に、祇園の小料理屋へと向かう。祇園の街角。虚無僧姿の桂が足に怪我をして逃げてくる。その前に立ち塞がる沖田。二人は、まだ沖田が江戸にいた頃、ある道場で手合わせをしていた。沖田は、怪我を負っている桂に敢えて剣を抜かなかった。桂を見送った沖田は、偶然にも玉勇と再会する。そのまま別れてしまうに忍びぬ二人は、あくる日の午後、会う約束をする……。


ファンタスティック・ショー
『ファンシー・ガイ!』
作・演出/三木 章雄
 
宝塚歌劇101年目の第一歩として、宝塚大劇場、東京宝塚劇場で上演される、早霧せいな率いる雪組の魅力満載のショー作品。パリ、ローマ、ウィーン、マドリード…を舞台に、ダンディの極み、ザ・ガイが登場。時には甘く、時には切なく、時にはエキサイティングに、自由で遊びのあるダンスを繰り広げます。
  

※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。
  

OPEN