公演解説

作品紹介

主演

水美 舞斗   

解説

バウ・ラテングルーヴ

『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男—
作・演出/稲葉 太地

“CRUZEIRO(クルゼイロ)”とは、ポルトガル語で南十字星を指す言葉。一幕では南半球を照らす星の名を持つクルゼイロを主人公に、ダンスと歌を愛した、刹那的な男の生き様を綴るストーリー仕立てのショーを、二幕では南十字星の輝く熱帯夜をテーマにした熱いラテングルーヴをお届け致します。多彩な音楽で構成された、熱狂的なショーの世界をお楽しみ下さい。   

※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。   

チケットはこちらから

宝塚バウホール公演

2018/4/14(土)より一般前売開始!

OPEN