TOKYO TAKARAZUKA THEATER Reborn 20th Anniversary

東京宝塚劇場は生まれ変わって20年。
これからも皆さまと共に。

東京宝塚劇場は2001年1月1日に
リニューアルオープンして、
2021年に20周年を迎えました。
旧・東京宝塚劇場が日比谷にオープンした
1934年1月1日から数えると87年、
これまでたくさんのお客さまに
劇場へお越しいただきました。
感謝を込めて、これからも皆さまと共に。

MESSAGE メッセージ

トップスターからの
東京宝塚劇場20周年のメッセージを
ご紹介します。
各組、東京宝塚劇場公演初日に
動画を公開いたします。

HISTORY ヒストリー

東京における宝塚歌劇のホームステージとして
長らく親しまれた旧・東京宝塚劇場が
63年の歴史に幕を下ろしたのが1997年。
そして2001年1月1日、新世紀の始まりとともに
現在の東京宝塚劇場が産声を上げました。
新劇場開場から20周年を迎えた
この記念すべき年に、
多くのファンの皆さまと共に紡いできた
東京宝塚劇場の歴史をご紹介します。

1934

旧・東京宝塚劇場オープン

宝塚少女歌劇初公演からちょうど20年目となる1月1日、東京・日比谷に東京宝塚劇場が開場しました。開場当初の客席数は2,778席。こけら落とし公演は、白井鐵造の傑作レビュー『花詩集』を含む3作品。待望の常設劇場の誕生により、東京での宝塚歌劇の人気は着実に高まることとなりました。



1944

太平洋戦争により劇場閉鎖

戦況が厳しさを増した3月、東京宝塚劇場にも閉鎖命令が下され、予定されていた花組公演の舞台稽古を中止、公演は打ち切りに。閉鎖後、劇場は接収され、陸軍の風船爆弾製造のために使用されました。

1955

東京宝塚劇場で公演が再開

戦後も連合軍による接収が続いた東京宝塚劇場は「アーニー・パイル劇場」と改称され、連合軍の慰問劇場となりました。その後、接収が解かれるまでは実に約10年もの時を要することに。ようやく返還されたのは1955年4月、記念すべき再開公演は大作『虞美人』でした。

1997

旧・東京宝塚劇場が閉場

旧劇場の建て替えにともなう閉場と、東京での通年公演に向けて、それまでの花・月・雪・星の4組に新たな組を加える5組化構想を発表。12月には、サヨナライベント『アデュー・東京宝塚劇場』を3日間にわたって開催し、55名のOGや翌年お披露目となる宙組を加えた5組のトップスター、多くのファンが劇場に別れを惜しみました。

1998

仮設劇場「TAKARAZUKA 1000days劇場」誕生

新劇場が建つまでの”約1000日間”公演を行うため、仮設劇場「TAKARAZUKA1000days劇場」を丸の内にオープン。月組『WEST SIDE STORY』でその幕を開け、65年ぶりに新設された新しい組・宙組も、この劇場で東京でのお披露目を果たしました。仮設とはいえ客席数2,031席を有する劇場でした。

2001

新・東京宝塚劇場オープン!

新世紀を迎えた1月1日、現在の東京宝塚劇場が誕生。幕開けを飾ったのは、新劇場の開場を記念し東京宝塚劇場のみで上演された祝祭舞『いますみれ花咲く』と『愛のソナタ』。公演前には劇場前で、各組のトップコンビも参加した華やかなオープニング・セレモニーを挙行。劇場の輝かしい未来を感じさせるスタートとなりました。

2011

東京宝塚劇場 ご来場者数
1,000万人達成

3月3日、雪組『ロミオとジュリエット』13:30公演にて、現在の東京宝塚劇場が開場以来1,000万人目のご来場者を迎えました。

2021

東京宝塚劇場 開場20周年!