制作発表会レポート

5月31日(水)、宝塚歌劇月組公演 三井住友VISAカード シアター 浪漫活劇(アクション・ロマネスク)『All for One』~ダルタニアンと太陽王~の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]暁 千星(月組)、宇月 颯(月組)、美弥 るりか(月組)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、久保 健様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、珠城 りょう(月組)、愛希 れいか(月組)、月城 かなと(月組)、沙央 くらま(専科)

記者会見には、公演にご協賛いただく、三井住友カード株式会社 代表取締役社長・久保健様をはじめ、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家の小池修一郎、月組トップスター・珠城りょう、月組トップ娘役・愛希れいか、美弥るりか、月城かなとが登壇。さらに公演の魅力を凝縮したパフォーマンスには、月組登壇者に加え、専科の沙央くらま、月組の宇月颯、暁千星も登場し、一足早く三銃士の世界を披露しました。
活気あふれる作品への期待感に包まれた制作発表会の様子をお届けします。   

「三銃士」の世界が繰り広げられる、愛と勇気の冒険活劇!

世界の古典・デュマの「三銃士」。『All for One』は、今なお世界中で愛されるこの物語をもとに、小池修一郎が新たな発想で描く浪漫活劇(アクション・ロマネスク)です。ダルタニアン役に珠城りょう、ルイ14世役に愛希れいかを配し、ルイ14世の為に立ち上がるダルタニアンの愛と勇気の冒険を、共に戦う三銃士との友情を交えて壮大なスケールで描き出す『All for One』に、どうぞご期待ください。   

ドラマティックなパフォーマンスで広がる活劇の世界

制作発表会では、『All for One』の主題歌にのせて出演者がパフォーマンスを披露しました。
勇壮な楽曲と共に現れたのは、世紀の色男、アラミスに扮した美弥るりかと、沈着冷静なアトス役・宇月颯、大胆不敵なポルトス役・暁千星の三銃士。そして無敵のヒーロー、ダルタニアンに扮した珠城りょうが颯爽と登場すると、銃士隊の絆と正義への情熱を高らかに歌い上げます。   

写真

  

写真

写真

打って変わって、冷酷な空気を漂わせたベルナルド役の月城かなとが登場し、珠城ダルタニアンと一騎打ちの場面に。さらにベルナルドに加担するように、モンパンシエ公爵夫人に扮した妖艶なドレス姿の沙央くらまが現れると、銃士隊への敵対心を露わにします。   

写真

緊迫の場面から一変して、黄金の眩い衣装に身を包んだ、ルイ14世役の愛希れいかが登場し、バレエのワンシーンをコミカルに披露。珠城ダルタニアンとの軽妙なやりとりで、会場を魅了しました。   

写真

  

写真

楽曲の中にそれぞれのキャラクターを見せたドラマティックなパフォーマンス。そこに溢れる宝塚歌劇ならではの華やかな空気が、大きな期待へと導きます。
世界中で今もなお愛され続ける「三銃士」の世界に、前作の宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』で好発進を見せた、珠城を中心としたフレッシュな月組が挑みます。息の合ったエネルギッシュな舞台を、どうぞお楽しみください!   

チケットはこちらから

東京宝塚劇場公演

2017/7/30(日)より一般前売開始!

OPEN