制作発表会レポート

1月16日(月)、宝塚歌劇雪組公演 かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』、かんぽ生命 ドリームシアター Show Spirit『Dramatic “S”!』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]望海 風斗(雪組)、中村 一徳(宝塚歌劇団 演出家)、小柳 奈穂子(宝塚歌劇団 演出家)、石井 雅実様(株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、早霧 せいな(雪組)、咲妃 みゆ(雪組)

感動的な舞台で観客を魅了してきた雪組トップコンビの早霧せいな、咲妃みゆの退団公演となる両作品ですが、時には会場に笑いも起こる和やかな制作発表会となりました。
公演にご協賛をいただく、株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長・石井雅実様、宝塚歌劇団理事長・小川友次、演出家の中村一徳と小柳奈穂子、雪組トップスター・早霧せいな、雪組トップ娘役・咲妃みゆ、望海風斗の登壇によって行われた制作発表会の様子をお届けします。

  

早霧・咲妃コンビのラストステージは心躍る豪華二本立て!

『幕末太陽傳』は1957年、鬼才・川島雄三監督により制作された、日本映画史に燦然と輝く名作を舞台化するものです。「居残り佐平次」を中心に、「品川心中」、「三枚起請」、「お見立て」他の古典落語を組み合わせ、実在した品川の遊廓・相模屋を舞台に起こる様々な人間模様を軽妙なタッチで描くこの名作を、早霧、咲妃、望海らを中心とする息の合った雪組メンバーがどう見せてくれるか、期待が高まります。

『Dramatic “S”!』は、“S”をキーワードに繰り広げる、Song&dancing Show。ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届けいたします。また、宝塚大劇場公演は第103期初舞台生のお披露目となり、公演を更に盛り立ててくれるでしょう。
早霧の退団に向けてよりいっそう団結力を増した雪組が挑む、豪華二本立ての公演にどうぞご期待ください。

  

一瞬にして作品の世界に引き込む表現豊かなパフォーマンス

制作発表会は『幕末太陽傳』のパフォーマンスから始まりました。
コミカルな音楽に乗せ、主人公の佐平次の扮装で現れた早霧せいなは、身のこなしも美しく、今回のミュージカル化にあたり作られたオリジナル曲「居残り稼業」をのびやかに歌い、“ミュージカル・コメディ”に相応しい世界観を創り出します。   

写真

しっとりしたムードに一転すると、幕末の志士・高杉晋作に扮した望海風斗が登場、続いて艶やかな出で立ちで女郎・おそめ役に扮した咲妃みゆも加わると、三人で劇中歌「朝陽の向こう」を情感たっぷりに歌い上げ、会場を作品の色に染め上げました。   

写真

写真

写真

息の合った演技で数々の話題作に取り組み、記憶に残る舞台を創り続けてきた早霧と咲妃。二人のラストステージは、生への活力が漲る中に愁いを漂わせる人情喜劇『幕末太陽傳』、そして雪組のパワー全開のショー『Dramatic “S”!』の二本立てです。どうぞお見逃しなく!   

  • 制作発表会 ムービー

OPEN