第106期生 初舞台までの道のり

月組公演JAPAN TRADITIONAL REVUE『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』、ミュージカル『ピガール狂騒曲』〜シェイクスピア原作「十二夜」より〜で初舞台を踏んだ第106期生。彼女たちの初舞台までの軌跡をご紹介します。   

宝塚音楽学校の予科生・本科生時代

2018年4月に宝塚音楽学校に入学した第106期生39名。
彼女たちは2年間の学校生活で、宝塚歌劇の舞台に必要な芸能の基本を身につけ、舞台人としての心得を学んできました。

2018年7月、予科の学年旅行

  

写真 予科の学生旅行

  

様々な授業から学び、日々厳しいレッスンに励む

写真 ポピュラー ポピュラー

写真 日本舞踊 日本舞踊

写真 バレエ バレエ

写真 ダンス ダンス

2020年2月、文化祭のステージでこれまで学んだ成果を披露

写真 宝塚音楽学校文化祭

写真 宝塚音楽学校文化祭

写真 宝塚音楽学校文化祭

写真 宝塚音楽学校文化祭

2020年3月、宝塚音楽学校を卒業

  

写真 宝塚音楽学校卒業式

想い出の詰まった宝塚音楽学校を卒業し、宝塚歌劇団の一員として新たなスタートを切りました。   

ついに初舞台の幕が開く

2020年9月25日、『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』の宝塚大劇場公演が初日を迎え、第106期生が口上とラインダンスを披露いたしました。   

写真 口上

  

写真 ロケット

憧れの舞台で大きな一歩を踏み出した第106期生のこれからの活躍にご期待ください!   

こちらもおすすめ

OPEN