『GOLDEN JAZZ』の世界

『GOLDEN JAZZ』演出家メッセージ

作・演出:稲葉太地

グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』という作品タイトルに込めた思い

月組公演を担当するにあたり、まずトップスターである龍真咲の個性をどう表現するかを思い描きました。結果、彼女の長けた歌唱力に行き着き、それを十二分に活かすべく「JAZZ」というテーマを選びました。更に個性豊かな月組の面々を思い浮かべた時にそれは様々な煌めきを発する「極彩色」であることから、『GOLDEN JAZZ』というタイトルを選びました。「グランドカーニバル」は2015年ラストの宝塚大劇場公演、そして2016年最初の東京宝塚劇場公演になることから、今年最後のお祭り、そして来るべき新年最初のお祭りという意味を込めております。カーニバルはパフォーマーと観客が一緒になって生み出されるもの。ご覧になるお客様にもショーに参加して頂き、一緒に盛り上げて頂きたいという願いも込めております。   

「JAZZ」の魅力とは?

一言に「JAZZ」と言いますがその中身は多種多様です。様々な時代や場所を経て、音楽において「生きる楽しさ」や「自身の表現」を実践してきた「JAZZ」はまさに「なんでもあり」の音楽であり、その「なんでもあり」感が一番の魅力ではないでしょうか。   

龍真咲・愛希れいかをはじめとした月組のイメージ・魅力は?

私にとりまして初めての月組大劇場公演となります。トップスター・龍真咲の主演作を作ることはかねてより私の夢でありました。その歌声、そして彼女にしか表現出来ないであろう舞台は大変魅力的で、その魅力がジャズを通してどのように花開くか、様々なイメージが想像されて今から本番の舞台が楽しみです。相手役・愛希れいかの表現力、想像力、愛らしさ、カッコ良さに溢れるパフォーマンスも見どころの一つになると思います。専科から星条海斗の色気も加えて、その他月組出演者の面々もまたジャズのように多種多彩。そんな出演者が繰り広げるカーニバルを、私自身が楽しみながら構成しております。   

お客様へのメッセージ

今回お客様参加型のショーを目指すべく様々な趣向をご用意しております。ジャズのリズムに酔いしれ、そして出演者と共にジャズのリズムを作り上げて頂けたらと思います。JAZZ、それはなんだってありです。リズムに乗って感じるままにショーに参加して頂ければと思います。   

OPEN