制作発表会レポート

2月8日(月)宝塚バウホールにて、宝塚歌劇星組公演 MUSICAL『こうもり』…こうもり博士の愉快な復讐劇…とショー・スペクタキュラー『THE ENTERTAINER!』の制作発表会が行われました。   

[写真右から]妃海 風(星組)、北翔 海莉(星組)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、谷 正純(宝塚歌劇団 演出家)、野口 幸作(宝塚歌劇団 演出家)、紅 ゆずる(星組)

宝塚歌劇団 理事長・小川友次、演出家の谷正純、野口幸作、星組トップスター・北翔海莉、星組トップ娘役・妃海風、紅ゆずるが出席。華やかなパフォーマンスも披露した制作発表会の模様を詳しくお届けします。   

オペレッタの世界&華やかなショーの豪華二本立て

19世紀後半のウィーンを舞台に、ファルケ博士が親友のアイゼンシュタイン侯爵に“愉快な復讐劇”を仕掛ける『こうもり』。名曲で彩られたヨハン・シュトラウス二世の傑作オペレッタ「こうもり」の世界を、北翔海莉率いる星組メンバーが宝塚歌劇の舞台に鮮やかに甦らせます。
『THE ENTERTAINER!』は、これまで数々の舞台で活躍し実力を発揮してきた「究極のエンターテイナー」北翔海莉を中心に、星組の魅力を詰め込んだ新時代のエンターテインメント・ショー。演出家・野口幸作の宝塚大劇場デビュー作であり、宝塚大劇場では第102期初舞台生を迎える華やかな公演です。   

クラシカルな歌唱と星組が誇るゴージャスさで魅了

制作発表会では、宝塚バウホールの舞台機構を生かし、約10分に及ぶ充実したパフォーマンスを披露しました。   

まず登場したのは星組トップスター・北翔海莉。『こうもり』より「ファルケ博士の夢の舞台」を堂々と歌い上げます。楽しいミュージカルの開幕を告げるような愛と夢に溢れたナンバーを、高音も見事に響かせて披露。気品ある立ち姿、美しく流麗な歌声で、舞台となる19世紀のウィーンへと誘います。   

次に赤いドレスに身を包んだアデーレ役の妃海風が登場。ファルケ博士役の北翔とともに「君の心に翼を」を優雅にしっとりとデュエットします。身体中を響かせるようなクラシカルな歌唱で、壮大に盛り上がっていく二人の歌声は聴き応え充分。歌唱力に定評のあるトップコンビならではの見せ場となりました。   

続いて華やかな電飾が灯り、一気にショー『THE ENTERTAINER!』の世界へ。紅ゆずるが星組生と登場。煌びやかな衣装で、主題歌『THE ENTERTAINER!』を歌い踊ります。艶やかな衣装の妃海が登場、最後に出演者に迎えられて北翔が颯爽と現れ、ショーのパレードさながらの盛り上がり。躍動感ある明るい主題歌を全員で歌います。眩しいゴールドの衣装、手にステッキを持った北翔が、“ジ・エンターテイナー!”と声を挙げると周りがパッと明るくなる、そんな楽しくゴージャスなショーシーンを繰り広げました。   

続いて、出席者が登壇し挨拶を行いました。   

北翔海莉主演で再びオペレッタの魅力を

谷正純(『こうもり』…こうもり博士の愉快な復讐劇…担当)
「最近の宝塚歌劇では、オペレッタを上演する機会がなかなか無かったのですが、歌唱力のある北翔主演で、2013年に『THE MERRY WIDOW』を上演し、初めてご覧になる方にもオペレッタの魅力を感じていただけましたので、再びオペレッタの「こうもり」を上演させていただくこととなりました。本来オペレッタでは、歌手が芝居をし、ダンスはダンサーと役割分担をしておりますが、タカラヅカの場合は、全員が歌って踊って芝居をすることが魅力の一つのため、今回の『こうもり』では“ミュージカル”と銘打った作品にいたしました。第102期生のお披露目公演であり、『THE ENTERTAINER!』は、野口先生の宝塚大劇場デビュー作でもありますので、私が担当する芝居の方で楽しく温めて、露払いをしっかりと務めたいと思っております。」   

明るく楽しくおめでたく、ゴージャスなショーに!

野口幸作(『THE ENTERTAINER!』担当)
「私が初めて演出助手をさせていただいたのが谷先生の作品でしたので、すごくご縁を感じながらデビュー作を担当させていただく嬉しさを実感しております。『THE ENTERTAINER!』は、究極のエンターテイナーである北翔海莉を中心に、いまの星組の魅力すべてをお届けするスペクタクルなエンターテインメント・ショーとなっております。第一幕がヨーロピアンスタイルのオペレッタに対して、第二幕はアメリカンスタイルのショーを展開していきたいと思っております。北翔が星組トップスターに就任してから、宝塚大劇場公演の初めてのショーであり、第102期生初舞台公演でもありますので、明るく楽しく華やかで、おめでたくゴージャスなショーに出来ればと思っております。」   

クラシックの発声も星組全員でしっかり取り組む

星組トップスター 北翔海莉
「オペレッタは非常に楽しい作品であり、谷先生とご一緒した『THE MERRY WIDOW』に引き続きオペレッタに出演させていただけることをとても光栄に思っております。オペレッタは、いつもと違うクラシックの発声でストーリーをきちんと歌の中でお伝えしなければいけないので、星組生全員でしっかりと取り組み、オペレッタの楽しさをお客様にご披露できたらと考えております。また、ショーは、野口先生の「幸作」というお名前の通り、“幸せを作る”演出家による作品で、私たちはその“幸せ”を皆様にお届けすることができれば嬉しいです。今回は、初舞台生を迎えての公演となりますので、私自身が19年間培ってきたものを、初心を忘れず最高のパフォーマンスとしてお見せできるよう、精進してまいります。」   

毎日のお稽古が楽しい。本番もハッピーな気持ちで

星組トップ娘役 妃海風
「お稽古が始まったばかりですが、『こうもり』はとても楽しい作品で、楽しくお稽古をしています。今回、本格的なオペレッタの歌ですので、日々挑戦し続けて、本番では、私自身もハッピーな気持ちで皆様とともに楽しむことができたらいいなと思っております。ショーは、野口先生から盛りだくさんの内容をお聞きしましたので、たくさんの課題を覚悟いたしました。全力で作品に取り組みたいと思います。」   

初舞台生への応援歌も披露。初心に返り頑張りたい

星組 紅ゆずる
「お芝居で私が演じるアイゼンシュタイン侯爵は、北翔さん演じるファルケ博士に、愉快な復讐を仕掛けられていることにも気付かず、目の前の欲望で突き進み後先を考えないという、楽しいおじ様の役でございます。ショーでは、初舞台生がロケットを披露する前に、私から初舞台生へ応援歌をお届けする、という演出の一場面も予定されています。私は14年前に谷先生の『プラハの春』で初舞台を踏みましたが、その頃のことをまた思い出せる良い機会をいただきました。初心に返り、初舞台生への応援歌を自分の応援歌としても歌い、皆様に楽しんでいただける公演を目指して、頑張っていきたいと思います。」   

  • 制作発表会 ムービー

OPEN