制作発表会レポート

4月15日(金)、東京にて宝塚歌劇宙組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』の制作発表会が行われました。   

[写真左から]実咲 凜音(宙組)、朝夏 まなと(宙組)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、久保 健様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)、小柳 奈穂子(宝塚歌劇団 演出家)

宝塚歌劇団 理事長・小川友次、三井住友カード株式会社 代表取締役社長・久保健様、宝塚歌劇団 演出家の小池修一郎と小柳奈穂子、宙組トップスター・朝夏まなと、宙組トップ娘役・実咲凜音が出席し、多くの報道陣が集まりました。
宙組トップコンビが本作の楽曲を披露し、幻想的な世界へと引き込んだ制作発表会の模様を詳しくお届けします。   

日本初演より20周年、宝塚歌劇団が誇る名作ミュージカル

『エリザベート』は1992年にオーストリアのウィーンで誕生した音楽性の高いミュージカル。全編素晴らしい楽曲で綴られ、ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツなどでも上演された人気作です。これを1996年に宝塚歌劇団が小池修一郎の潤色・演出で日本初演。独特の世界観で、一気に観客を虜にした伝説の公演となりました。稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた少女エリザベートが、オーストリア皇后となったことから辿る数奇な運命。宝塚歌劇では、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)という存在を主役に据えて、ロマンティシズム溢れる世界を構築しました。
1996年の初演後、再演を重ね、上演回数899回、観客動員数216万人を達成。まさに宝塚歌劇を代表するミュージカルが、今年、宝塚歌劇初演から20周年を迎えました。
この節目にトート役に挑むのは宙組トップスター・朝夏まなと。エリザベート役を宙組トップ娘役・実咲凜音、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役を真風涼帆、エリザベートを暗殺する無政府主義者のルキーニ役を愛月ひかるが演じます。またオーストリア皇太子ルドルフ役を澄輝さやと、蒼羽りく、桜木みなとが役替わりで演じます。   

情熱を覗かせた麗しき朝夏トート&気品に満ちた実咲エリザベート

制作発表会は、『エリザベート』の楽曲披露からスタートしました。   

「愛と死の輪舞(ロンド)」の音楽が流れ、トートに扮した朝夏まなとが振り返ると、まずその目力に圧倒されます。黄泉の世界へ一瞬でいざなうような強い瞳、ストレートの髪が印象的な麗しきトートの降臨です。長いネイルを付けた美しい指先の動きひとつからも、朝夏まなとがつくり上げるトートの世界が広がります。“死”という存在が、エリザベートを愛する胸の内を情感豊かに歌い上げ、カリスマ的な魅力を漂わせました。   

次に白いドレスに身を包んだエリザベート役の実咲凜音が登場。朝夏まなとと「私が踊る時」をデュエットしました。   

エリザベートの愛を手にする自信をみなぎらせ力強く歌う朝夏トートに相対する実咲エリザベートは、気品に満ちた佇まいと凛とした歌声で強い意思を表現。それぞれの決意がぶつかり合う、緊迫感あふれる名ナンバーを、たっぷりと聴かせました。   

パフォーマンス終了後には、出席者が登壇しそれぞれ挨拶を行いました。   

様々なものを削ぎ落とし核心を突いた朝夏トートが新鮮

小池修一郎(潤色・演出)
「20年前の『エリザベート』初演の制作発表を思い出し、月日の重みを感じております。今日、朝夏まなとの「愛と死の輪舞(ロンド)」、そして実咲凜音との「私が踊る時」を聞き、様々なものを削ぎ落としたことによって核心を突いた朝夏のトートは想像以上に面白く、とても新鮮なトート像だと感じました。これから仕上がっていくのがとても楽しみです。実咲凜音が演ずるエリザベート役は満を持してではありますが、キャリアがあっても相当な緊張感を強いられる役だと思います。実咲なりのエリザベート像を見つけて、朝夏のトートに対抗できるエリザベートをつくりあげて欲しいです。そして、今回から小柳奈穂子が共同演出として私を支えてくれます。1998年の宙組公演以来、2002年の花組公演を除いて、助手として公演を支えてくれた彼女が存分に腕を振るってくれると思います。」   

チームワークの良い宙組ならではのビビッドな舞台に期待

小柳奈穂子(演出)
「1996年の初演時は、私はまだ宝塚歌劇団に入団前で『エリザベート』はぜひ観たほうがいいと言われながらも、話題の作品だったのでチケットを入手できませんでした。その人気作品に共同演出としてここに座らせていただいていることに、隔世の感があります。朝夏を中心とした宙組はチームワークの良い組ですので、コーラスも含めてとてもビビッドな『エリザベート』が生まれるのではないかと期待しています。」   

大変思い入れのある作品。自分なりに突き詰めていきたい

宙組トップスター 朝夏まなと
「日本初演から20周年という記念すべき年に、『エリザベート』を上演させていただく責任と喜びをひしひしと感じております。『エリザベート』は、私自身大変思い入れのある作品で、春野寿美礼さん主演の花組公演に入団1年目で出演し、初台詞をいただきました。その一言がうまく言えず、小池先生ご指導のもと特訓していただいた覚えがあります。そんな思い出深い作品で、主人公のトート役に挑戦させていただくことも、とてもプレッシャーはありますが、小池先生がおっしゃっていたような、核心を突いた削ぎ落とされたトート像を、自分なりに突き詰めていきたいと思っております。宙組はとても団結力があって、それぞれの向上心がとても強いので、この大作に体当たりで挑み、皆様に楽しんでいただける宙組の『エリザベート』をしっかりとつくりあげていきたいと思います。」   

20周年に出演できるのは奇跡。魂を込めて取り組みたい

宙組トップ娘役 実咲凜音
「宝塚歌劇での『エリザベート』20周年という記念すべき年に、この作品に携わらせていただけることを奇跡のように思っております。とても嬉しい反面、今プレッシャーも感じています。目の前の壁はとても高いのですが、演出の小池先生をはじめ、小柳先生、そして朝夏さん率いる宙組の皆でつくりあげる新たな『エリザベート』をお届けできるように、魂を込めて取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」   

  • 制作発表会 ムービー

OPEN