制作発表会レポート

1月22日(金)、宝塚歌劇花組公演 UCCミュージカル『ME AND MY GIRL』の制作発表会が行われました。
  

[写真左から]朝月希和(花組)、芹香斗亜(花組)、三木章雄(宝塚歌劇団 演出家)、小川友次(宝塚歌劇団 理事長)、上島達司様(UCC上島珈琲株式会社 代表取締役会長)、明日海りお(花組)、花乃まりあ(花組)、華雅りりか(花組)、羽立光来(花組)

長年にわたり愛されるミュージカル『ME AND MY GIRL』が、大劇場公演としては8年ぶりに宝塚歌劇の舞台に登場します。この名作に挑むのは、トップスター・明日海りおを中心とする花組。制作発表会ではパフォーマンスを披露し、会場全体がハッピーな雰囲気に包まれました。
  

親しみやすくハートフル! 誰もが楽しめるミュージカル

『ME AND MY GIRL』は1937年にロンドンで初演、1646回のロングランを記録した大ヒットミュージカルです。宝塚歌劇では1987年に剣幸、こだま愛をはじめとする月組により初めて上演され、大成功を収めました。その後再演を重ね、中日劇場、博多座、梅田芸術劇場などでも上演。累計観客動員数118万人を誇ります。ロマンティックなラブストーリー、心躍る名曲の数々、タップダンスを駆使したダンスなどで綴られ、観劇後も温かい気持ちになれる名作です。

このたび、2008年の月組公演『ME AND MY GIRL』にて本公演でジャッキーを、新人公演で主役のウイリアム・スナイブスン(ビル)を演じた明日海りおが、満を持してビルに挑戦します。恋人サリー・スミスを演じる花組トップ娘役・花乃まりあと共に、どのような恋物語を見せるのか。また主要な5つのキャラクターを花組生が役替わりで演じる点も、ぜひご注目ください。
  

客席降りの「ランベス・ウォーク」で大いに盛り上がる

制作発表会は、ビル役の明日海りお、サリー役の花乃まりあによる主題歌「ミー&マイガール」からスタートしました。ビルとサリーのトレードマークとも言える衣装を身につけ、軽やかにステップを踏みながら名曲を披露します。サリーの手を優しくとるビルと、可愛い笑顔を見せるサリーの表情やしぐさから愛が溢れ、二人の歌声が心地よく重なります。
  

次に明日海が「愛が世界をまわらせる」を歌い、途中からジョン・トレメイン卿に扮した芹香斗亜が加わります。口髭をつけた芹香は、ときに渋めの表情も交え新鮮な印象。お酒に酔った二人が男同士の友情を見せながら、“愛がなければ 生きられない”と陽気に歌います。クルクルと表情を変える明日海はビルのお茶目な雰囲気をうまく醸し出し、最後にジョン卿の金時計を手にしてポーズをとると、ジョン卿は驚きの表情。これまた息がぴったりです。
  

最後は、明日海、花乃、芹香のほかに、花組の華雅りりか、羽立光来、朝月希和も加わり賑やかなナンバー「ランベス・ウォーク」に。明日海をはじめ花組生が客席にまで降りて、明るくランベスの下町スタイルを歌い上げます。会場が一体となる名ナンバーの楽しさを存分に伝え、温かくハッピーな『ME AND MY GIRL』の世界へと導きました。
  

続いて、宝塚歌劇団 理事長・小川友次、本公演にご協賛いただいているUCC上島珈琲株式会社 代表取締役会長・上島達司様、宝塚歌劇団 演出家・三木章雄、花組の明日海りお、花乃まりあ、芹香斗亜が登壇し、挨拶を行いました。
  

前向きに誰かを思う大切さを、きちんと伝えたい

脚色・演出 三木章雄
「1987年の初演では演出助手として参加していました。楽しいミュージカルを楽しくお伝えするために、いろいろな努力をされていた演出の小原弘稔先生の姿を見ていますので、今回も“楽しい作品をお届けする”という想いを持ち続けると同時に、いま絶好調の明日海りお演じるビルに大変期待しています。『ME AND MY GIRL』はとても楽しいミュージカルですが、ビルがいかにして自分のアイデンティティやルーツを発見していくかという側面もとても大切です。ビル、サリー、ジョン卿をはじめとして、互いに互いを思いやるという感情が様々に描かれていて、それがこの作品の素晴らしい点ですので、“前向きに誰かを想うことが大切なんだ”というメッセージが伝わる、楽しい作品になるようにつくっていこうと思います。」
  

ビルは今まで演じてきた役の中で一番理想に近い役

花組トップスター 明日海りお
「最初に出演いたしました『ME AND MY GIRL』(2008年・月組公演)では新人公演でビルを演じさせていただき、とても楽しかった思い出があります。ビルは今まで演じてきた役の中でも、一番理想に近い役です。ビルの温かくて芯が真っ直ぐなところ、サリーへの一途な愛、そして、彼のふざけているようでいて、本当は誠実なところが大好きでしたので、もう一度ビル役に出会うことができて、とても幸せです。今回は主要キャストの役替わりもありますので、お客様に何度でも足をお運びいただきたいです。」
  

大好きな憧れの作品。夢のような機会をいただき幸せ

花組トップ娘役 花乃まりあ
「『ME AND MY GIRL』は入団前から劇場でも観劇し、映像も何度も観るぐらい大好きな憧れの作品です。今回出演させていただくという夢のような機会をいただき本当に幸せです。いままで先輩方が演じてこられたサリーという素敵な女性のことを、しっかりと勉強して、この素晴らしい作品に携わらせていただく幸せを噛み締めて頑張ります。」
  

どのナンバーも楽しく、いまからお稽古が楽しみ

花組 芹香斗亜
「今回は役替わり公演ということで、ジョン卿とジェラルドの二役をさせていただきます。私は『ME AND MY GIRL』に出演させていただくのは初めてなのですが、今日少しパフォーマンスをさせていただいただけでも、どのナンバーも楽しく、袖から見ているのも楽しかったので、いまからお稽古が楽しみです。多くの皆様にたくさん観ていただけたら嬉しいです。」
  

OPEN