演出家インタビュー

演出家 大野拓史が語る 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』の見どころ

2008年、月組公演『夢の浮橋』で宝塚大劇場デビューを果たした演出家・大野拓史。英国王の虚像と実像を描き出した『エドワード8世』(2012年月組)など、モダンな感覚の作品を生み出す一方で、『一夢庵風流記 前田慶次』(2014年雪組)といった日本物の名作を数々手掛けてきた。ロック・ミュージカル『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』では、歴史的人物の中でも人気の高い織田信長を主役に、同時代を共に戦い、夢を抱き、愛し合った人間たちのドラマを生み出す。龍真咲の退団公演でもある本作への思いを、大野に聞いた。   

既存の価値観に流されない龍真咲が信長に重なる

——織田信長を主役にした舞台をつくろうと思った理由は?
 制作発表会で龍が「織田信長を演じてみたかった」と言っていましたが、私自身、織田信長は龍に合っていると思ったからです。彼女の既存の価値観に流されないところが信長に通じるなと思っていました。龍は“タカラヅカの男役はこうでなければならない”というのを飛び越え、独自の格好良さ、スタイルを持ち、大勢の観客を魅了している。織田信長も行政的にも軍事的にも新しい価値観で動いた人物です。だからこそ日本人は織田信長が好きなのでしょうね。それぞれの人に理想の信長像があると思いますが、“自分の力を試したい”という抑えきれない思いを持っている、そんな龍真咲らしい織田信長を描きたいですね。

——織田信長に扮した龍真咲のビジュアルを見て。
 髭を付けていつもより強い印象ですよね。彼女はそれこそ、『風と共に去りぬ』のスカーレット役など自然に女役もできるきれいな顔立ちの人です。髭を付けても強靭なイメージというより、精悍な感じの“美しい信長”であればいいなと思います。ポスターの背景は「安土城天主 信長の館」(滋賀県)までロケに行きました。スペイン・セビリア万国博覧会に出品するため、安土城の上層部分を復元したもので興味深かったです。ちょうど龍の絵が描かれていたので、その前で撮影しました。今回制作発表会で龍が歌ったナンバーの中でも、“私の中に龍がいる”というように歌っています。この曲は主題歌ではないのですが、ある気に入った場面で歌ってもらう予定です。

——織田信長は天下統一の目前までいきますが…。
 私は「彼の本当の目的は天下統一ではなかったのかも…。」とも思っているんですよ。天下布武を掲げて、武力でもって日本を制すると言いますが、実際に彼が何をやりたかったのかは謎な部分も多いわけです。周りの人間が彼に夢を託したり、逆に反発したりということもあった。その中で、信長はやむにやまれぬ思いに突き動かされていた、というような物語にしたいと思っています。それこそ龍真咲が演じるべき信長だと思っています。   

ロックの力で現代に通じる様々な思いを届けたい

——この作品は“ロック・ミュージカル”ですが、伝統的な日本物とは違うのか?
 そうですね。私自身がロック・ミュージカルと聞いて思い浮かべるのは、『ジーザス・クライスト・スーパースター』や『エビータ』など、わりとオールド・ファッション的なロック・ミュージカルです。若者の風俗を取り入れながら、ロックが登場人物の情動を表すようなミュージカルは、題材を等身大に惹き付ける魅力があります。日本物だからといって当時の常識をきちんと踏まえるというより、今の人々も抱くような思いを描く手段として、“ロック・ミュージカル”のスタイルを借り、表現していくつもりです。

——信長と正室・帰蝶との関係も興味深いところですが。
 帰蝶とは濃姫のことですが、なぜ帰蝶という名前を選んだかというと、荘子の「胡蝶の夢」が思い浮かんだからです。今ある現実が本当なのか、蝶になって飛んでいる夢が現実なのか、というあの説話です。信長がガッと突っ走るタイプの人間なので、それとは別の世界を感じられるような、帰蝶が一歩引いて彼に問いかけるような存在になればと期待しています。

——その他のキャラクターについて。
 珠城りょうが演じるローマ出身の騎士・ロルテスは、悪ならではの魅力、男らしさの強い役です。彼女には今こそこういう役を演じてほしいとキャスティングしました。信長の周りにいる人には、途中で彼を裏切る者も含めて、最初は同じ夢を見ているようなところがあります。ただ、見ている夢にズレが出てきたりするのですが…。明智光秀と豊臣秀吉には、信長と同じ夢を見ながら立場や受け取り方の違いがあり、その対比を見せていくのが面白いだろうなと思っています。   

自由度の高い日本物。宝塚歌劇ならではの美で魅せる

——日本物に魅了される自身のルーツは?
 なんでしょうか(笑)、幼い頃から時代劇が好きだったというのはあるかもしれないですが、宝塚歌劇の演出家としては比較的想像力を広げるのが許される世界だからだと思います。歌舞伎もそうですが、タカラヅカの日本物は “これをやったらNG”というボーダーラインさえ覚えてしまえば、結構自由に世界をつくり上げることができる。『一夢庵風流記 前田慶次』の冒頭では、彼の超人的な力を見せるため映像とコラボレーションした殺陣を取り入れました。別にスペクタクルにしようと思ったわけではないのですが、その人物像をどのように見せたらいいか、というのはいつも考えています。ただ映像などに頼り過ぎず、やはり生身の役者、人間ドラマが浮き立つように演出したいと思っています。   

——お客様へのメッセージ
 タカラヅカには、美しいものが大好きな人たちが集まっています。そういう意味でも“美”を意識しながら、宝塚歌劇ならではの日本物の世界をお見せします。戦国の世は日本史的にも面白い時代です。その中で、龍が演じる織田信長は、“そうくるか!”と驚きながらも納得させられる瞬間をお届けできるはずです。そこが彼女の真骨頂だと思いますので、ぜひ期待していてください。   

OPEN