演出家 小柳奈穂子が語る

小柳奈穂子が語る ミュージカル・フルコース 『GOD OF STARS-食聖-』の見どころ<前編>

映画や漫画を原作とした演出作品にも高い評価を得る演出家・小柳奈穂子が、ふたたび星組と大劇場でのオリジナル作品に挑む。この公演を最後に退団する紅ゆずる率いる星組を、どのように「料理」して魅せるか。今注目を集める演出家のひとり、小柳に話を聞いた。   

写真

紅ゆずるの退団公演に、今回の作品を選んだ経緯について

私自身、紅主演のコメディーを見てみたかったのも理由のひとつですが、まずは彼女らしさやセンスを生かした作品をと考えました。彼女は2度の台湾公演を経験しているのでアジアを舞台にしよう、そして、最後の公演でも新しいチャレンジになるようなものがいいな…と、今作を構想するに至りました。   

作品の展開について

シンガポールのホーカーズ(屋台街)を、みんなで地上げ屋から守ろう!という状況での物語です。紅が演じる天才料理人のホン・シンシンは買収する側の人間で、最初は絵に描いたような嫌な奴ですね(笑)。一方、綺咲愛里演じるアイリーン・チョウは屋台のオーナーで、逆境にも立ち向かう勝ち気な女性です。最初は敵対関係にある二人が、徐々に惹かれ合っていく、という、よくあるお話がベースですが、シンプルな流れの中にも、役者たちの個性や魅力が提示できるように意識して創っています。良い意味で例えるなら、吉本新喜劇や映画「男はつらいよ」といった、あるフォーマットの中に演者の見せ場を作る感じでしょうか。出演者の個性を生かした“役者ありきのあて書き”をする形をとっています。   

天界が出現したりアイドルグループが登場したりと、ユニークな設定ですね

天界には、専科の汝鳥伶さん演じる牛魔王がいます。紅の集大成的な作品にしたいとの思いもあり、ここではかつての公演『ANOTHER WORLD』の要素を取り入れていますが、他にも『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』や『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のテイストも盛り込んでいますので、長く星組を応援いただいているファンの皆さまにもお楽しみいただけると思います。
ちなみにアイドルグループは、シンガポールの男性ご当地地下アイドル“パラダイス・プリンス”と、アジア各国から選抜して結成された女性ユニット“エクリプス”が登場します。   

音楽クリエイター・ヒャダイン氏と宝塚歌劇の初コラボレーションについて

今回、お願いして、プロローグとアイドルグループの曲を作っていただきました。ヒャダインさんの曲は、ロックオペラのように、構成が非常に複雑なところが特徴的だと思います。いくつもの異なるメロディーの連続が、最終的に一つの楽曲としてトータルでの世界観を創り出すところが、ショーの中詰などにピッタリだなと思って聴いていたのですが、今回のお芝居の雰囲気なら、ご一緒できればきっと面白いものができるのではないかと確信しました。   

“クッキング・コメディー”と銘打っていますが

料理バトルの場面は、“ダンス×演劇×J-POP”のエンタテインメントを体現されているユニット、梅棒さんが振付を担当してくださっています。2.5次元ミュージカルをはじめとする数々の舞台において、不可能を可能にしてこられた梅棒さんですから、大変楽しみにしています。料理バトルの他に、ラップ対決もあります。バラエティに富んだ内容で、ご覧になる方々に喜んでいただけると思います。   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2019/6/8(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2019/8/4(日)より一般前売開始!

OPEN