制作発表会レポート

12月11日(金)、宝塚歌劇星組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『ロミオとジュリエット』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]舞空 瞳(星組)、礼 真琴(星組)、大西 幸彦様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、三井住友カード株式会社 代表取締役社長 大西幸彦様、宝塚歌劇団理事長 小川友次、宝塚歌劇団演出家 小池修一郎、星組トップスター 礼真琴、星組トップ娘役 舞空瞳が登壇しました。   

人気ミュージカル、満を持して待望の再演!

『ロミオとジュリエット』は、2001年にフランスで初演されて以来、世界各地で上演され多くの人々に愛されてきた大ヒットミュージカル。宝塚歌劇でも、2010年に星組が初演、2011年から2013年にかけて、雪組、月組、星組と再演を重ねた、ファンからの熱い支持を集める作品の一つです。
その人気演目に、確かな実力を備えた礼真琴が率いる、個性豊かな星組が挑みます。   

心震わせる歌声に、惜しみない拍手

制作発表会は『ロミオとジュリエット』のパフォーマンスから始まりました。
スポットライトの中に浮かび上がったのは、瑞々しさの中にもほのかな憂いを秘めたロミオ役の礼真琴。そこに薔薇色のドレスをまとったジュリエット役の舞空瞳が登場し、いつか巡り合う恋への憧れに胸をときめかせて歌う「いつか」で、優しいハーモニーを響かせます。

壇上に礼一人が残ると、一転して魂の底から湧き上がるような声で、「僕は怖い」を熱唱。忍び寄る不幸の気配への恐れを歌い、物語の行く末を暗示させます。   

写真

最後に、再び姿を現した舞空と、互いへの愛を誓う「エメ」を歌います。二人の甘美な歌唱に、『ロミオとジュリエット』の世界観にたっぷりひたった場内からは、割れんばかりの拍手が送られました。   

写真

世界中の人々が涙した永遠の愛の物語を、詩的な楽曲の数々に乗せてお届けする、三井住友VISAカード ミュージカル『ロミオとジュリエット』に、どうぞご期待ください!   

OPEN