制作発表会レポート

5月25日(水)、宝塚歌劇 三井住友VISAカード ミュージカル『グレート・ギャツビー』の制作発表会が行われました。   

写真 〔写真左から〕海乃 美月(月組)、月城 かなと(月組)、大西 幸彦様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、木場 健之(宝塚歌劇団 理事長)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、三井住友カード株式会社 代表取締役社長 大西幸彦様、宝塚歌劇団理事長 木場健之、宝塚歌劇団演出家 小池修一郎、月組トップスター 月城かなと、月組トップ娘役 海乃美月が登壇しました。   

アメリカ文学の、そして宝塚歌劇の不朽の名作がバージョン・アップ!

1991年に雪組で世界初のミュージカル化に成功し、2008年の月組日生劇場公演での再演も大好評を博した『グレート・ギャツビー』。1920年代アメリカの光と影を背景に、一人の男の栄光と挫折を描いた、名作の呼び声高い伝説の作品を、演技力に定評のある月城かなと率いる月組メンバーが、2022年版としてお届けします。   

名曲の再現と新曲の披露に、高まる期待

制作発表会は『グレート・ギャツビー』のパフォーマンスから始まりました。
今作の作曲・編曲担当の一人でもある小澤時史氏の甘美なピアノ演奏の中、ジェイ・ギャツビー役を演じる月城かなと、デイジー・ブキャナン役を演じる海乃美月のシルエットが、壇上に浮かびます。小澤氏による新曲「入り江がひとつだけ」のデュエットとなり、二人は熱い気持ちを歌います。   

写真

一人残った月城が、哀愁漂う背を向けた立ち姿から、初演より歌い継がれる「朝日の昇る前に」を、決意の中にも愁いを覗かせる歌唱でたっぷりと聴かせ、会場を作品の色に染め上げました。   

写真

映画化もされた20世紀アメリカ文学の最高峰と謳われる原作をベースに、宝塚歌劇ならではのテイストを加えてお届けする、三井住友VISAカード ミュージカル『グレート・ギャツビー』に、どうぞご期待ください!   

OPEN