『グレート・ギャツビー』作品紹介

20世紀アメリカ文学の最高峰と言われ、映画化されたことでも知られる「グレート・ギャツビー」は、1991年、宝塚歌劇が世界で初めてミュージカル化に成功しました。この初演で「菊田一夫演劇賞」を受賞した演出家・小池修一郎が、2022年版として手掛ける新たな『グレート・ギャツビー』に、月城かなと率いる月組が挑みます。
この作品の概要と、これまでの上演記録をご紹介します。   

STORY

第一次世界大戦後、1920年代のアメリカは好景気が続く中、繁栄の時代を迎えていた。ラジオや自動車の普及といった物質的繁栄と、ジャズ音楽とトーキー映画の登場に見られる大衆文化が同時に花開き、アメリカ社会は大きく変貌を遂げた。
しかし、その華やかさの影で、戦前の統制や道徳を軽蔑し、自由奔放さを求める若者たちは禁酒法を破って酔いつぶれ、ジャズに踊り狂って、刹那的な快楽に溺れた。

そんな時代を象徴するかのような謎の男、ジェイ・ギャツビーは、ニューヨーク郊外、ロングアイランドの豪勢な邸宅で、夜毎に絢爛たるハウスパーティーを開いて、人々の注目を集めていた。
そのギャツビー邸の隣家に、ミネソタ州から引っ越してきたニック・キャラウェイは、パーティーの様子を垣間見るが、証券会社勤務の堅実なサラリーマンにすぎない彼は、その華やかさに驚きを隠せなかった。
翌朝、ギャツビーと初めて挨拶を交わしたニックは、庭続きの入江から対岸のイースト・エッグに“永遠の恋人”が住んでいるのだと聞かされる。
対岸には、ニックの又いとこであるデイジー・ブキャナンと、彼女の夫でニックの同級生であった大富豪のトム・ブキャナンが住んでいた。その日、夫妻の邸を訪ねたニックは、デイジーの親友のジョーダン・ベイカーから、トムには愛人がいるらしいことを耳打ちされる。一方、ニックから新居の隣人が「ギャツビー」という名だと聞き、デイジーは、激しく動揺するのだった。

第一次世界大戦中の1917年、名家の娘であり、故郷であるケンタッキー州ルイヴィルでも名高い美貌を誇っていた18歳のデイジーは、大戦参戦記念パーティーで出会った中尉と、運命的な恋に落ちる。しかしデイジーの母、エリザベスは、家柄が釣り合わないと、彼に娘との別れを強要し、前線に赴任する中尉を追おうとしたデイジーを引き止めて無理やり2人の恋を引き裂いた。その中尉こそがギャツビーであった。

復員したギャツビーは闇の世界で巨万の富を得、デイジーの家の対岸に家を建て、誰が来ても構わないパーティーを開き続けた。それは全て、彼女との偶然の再会を期待してのことだった。ニックの協力により、2人は5年ぶりに再会する…。   

主な登場人物紹介

写真

ジェイ・ギャツビー(月城 かなと)

謎の資産家。5年前の世界大戦参戦記念パーティーでデイジーと出逢い、瞬く間に惹かれ合うが、身分違いゆえに仲を引き裂かれ、失意のうちに戦地へと赴く。復員後は裏社会で財を成して上り詰める。ニューヨーク郊外に築いた豪邸で、自らは姿を現すことなく、夜ごと贅の限りを尽くしたパーティーを開き世間を騒がせるが、それはすべて対岸に住む“永遠の恋人”と再会を果たすための手段だった。   

写真

デイジー・ブキャナン(海乃 美月)

イースト・エッグに住む美しい人妻。名家の娘としてその美貌が評判だった18歳の頃、ギャツビーと恋に落ちる。戦線に発ったギャツビーを待ち続けるが、彼からの連絡が途絶えたことに絶望し、トム・ブキャナンとの結婚を承諾してしまう。一女をもうけた現在も、満たされない想いを感じている。   

写真

トム・ブキャナン(鳳月 杏)

デイジーの夫。傷心のデイジーに一目惚れし、口説き落として結婚した。恵まれた家柄の大富豪で、愛人をかかえるなど享楽的な生活を送る一方、妻デイジーにも執着し、ギャツビーに激しい敵対心を燃やす。   

写真

ニック・キャラウェイ(風間 柚乃)

ギャツビーの隣人で、証券会社に勤める堅実な青年。デイジーの又いとこで、トムの級友でもある。ギャツビーとデイジーを繫ぐ、唯一の接点として、2人の再会に手を貸す。   

ヘンリー・C・ギャッツ(英真 なおき)

ギャツビーの父。息子とはしばらく会っていない。   

マイヤー・ウルフシェイム(輝月 ゆうま)

暗黒街の顔役。復員後に一文無しになっていたギャツビーと出会う。   

ジョージ・ウィルソン(光月 るう)

生真面目なガソリンスタンド経営者。奔放な妻、マートルを持て余している。   

ジョーダン・ベイカー(彩 みちる)

デイジーの親友。全米女子ゴルフ・チャンピオン。ニックと恋仲になる。   

マートル・ウィルソン(天紫 珠李)

ジョージの妻で、トムの愛人。華やかな世界に憧れている。   


  

上演記録

1991年雪組公演『華麗なるギャツビー』

画像

宝塚大劇場

1991年8月8日~9月17日

東京宝塚劇場

1991年12月3日~12月26日

<主な配役>
ジェイ・ギャツビー:杜 けあき
デイジー・ブキャナン:鮎 ゆうき
ニック・キャラウェイ:一路 真輝
トム・ブキャナン:海峡 ひろき

※雪組公演『華麗なるギャツビー』は1992年に中日劇場でも上演されました。
(デイジー・ブキャナン:紫 とも)

音楽配信

主題歌「朝日の昇る前に」をはじめとした楽曲試聴はこちらから   

2008年月組公演『グレート・ギャツビー』 

  

画像

日生劇場

2008年9月1日~9月23日

<主な配役>
ジェイ・ギャツビー:瀬奈 じゅん
デイジー・ブキャナン:城咲 あい
ニック・キャラウェイ:遼河 はるひ
トム・ブキャナン:青樹 泉

音楽配信

主題歌「朝日の昇る前に」をはじめとした楽曲試聴はこちらから   

動画配信

『グレート・ギャツビー』関連動画の視聴はこちらから   


  

アメリカン・ドリームの光と影が交錯する時代に、愛を求めて挑んだ男の虚飾と真実の果てに待つものとは……。
宝塚歌劇版として大きな話題と感動を呼んだ伝説の作品を、演技派揃いの月組が上演します。新曲「入り江がひとつだけ」をはじめ、さらにスケールアップしてお届けする2022年版『グレート・ギャツビー』に、ぜひご期待ください!
  

OPEN