『今夜、ロマンス劇場で』の魅力

月組新トップスター・月城かなとを中心とした新生月組が、ファンタジックな世界観で見る人の心を捉えた大ヒット映画の、初のミュージカル化に挑みます。
月組公演『今夜、ロマンス劇場で』をさらにお楽しみいただくために、原作となる映画、そして、今作の脚本・演出を手掛ける小柳奈穂子による映画を原作としたミュージカル作品をご紹介し、小柳の今作への想いに迫ります。
  

原作紹介

写真

原作となった映画「今夜、ロマンス劇場で」は、数多くのヒットドラマを演出し映画「のだめカンタービレ」「テルマエ・ロマエ」シリーズを代表作に持つ武内英樹監督により、2018年に公開された、とびきりロマンティックなラブストーリー。ヒロインの美雪を綾瀬はるかさんが、映画監督を夢見る青年の健司を坂口健太郎さんが演じ、その奇跡のような純愛が、コミカルに、そして切なく描かれ、好評を博しました。   

あらすじ

映画監督を夢見る青年・健司が密かに想いを寄せるのは、通い慣れた映画館・ロマンス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画のお姫様・美雪。今は誰も見なくなったその映画を、毎日のようにくり返し見ていた健司の前に、ある日奇跡が起きる。美雪が健司の目の前に突然現れたのだ。その日から2人の不思議な同居生活が始まった。
モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。同じ時間を過ごす中で、2人は次第に惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。

切ない真実に2人はどう向き合い、どんな答えを出すのか──   

登場人物紹介

美雪
モノクロ映画から飛び出したお姫様。スクリーンの中から見える色のついた世界に行ってみたいという想いから現実世界に飛び出してきた。健司と恋に落ちるが……。

牧野健司
映画会社の京映で助監督として働く真面目な映画青年。馴染みの映画館・ロマンス劇場で見つけたモノクロ映画のお姫様・美雪に恋をしている。

成瀬塔子
京映の社長令嬢。容姿端麗だが、恋愛には奥手な性格。映画監督を目指す健司のことを心から応援し、密かに恋心を抱いている。

俊藤龍之介
大人気映画『ハンサムガイ』シリーズの主演を務める、京映の看板スター。ナルシストだが超ポジティブな性格でもある。

山中伸太郎
健司と同じく京映で働く映画青年。健司のよき友であり、よきライバル。塔子に片思いしている。

本多正
健司が通うロマンス劇場の館主。お金にがめついが実は映画のことをとても愛している、健司のよき理解者。

吉川天音
老人が入院している病院の看護師。老人が持っている脚本に興味を示す。

病室の老人
余命いくばくもない病室の老人。結末が書かれていない映画の脚本を大事に持っている。   

Check!! 月組公演のキャストは人物相関図へ

OPEN