制作発表会レポート

10月26日(水)、宝塚歌劇宙組公演 ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』、スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』の制作発表会が行われました。   

[写真右から]朝夏 まなと(宙組)、田渕 大輔(宝塚歌劇団 演出家)、浅田 次郎氏(原作者)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、中村 暁(宝塚歌劇団 演出家)、実咲 凜音(宙組)

宝塚歌劇団 理事長・小川友次、『王妃の館 -Château de la Reine-』原作者の浅田次郎氏、演出家の中村暁、田渕大輔、宙組トップスター・朝夏まなと、宙組トップ娘役・実咲凜音が出席。宙組トップコンビがミュージカルのパフォーマンスも繰り広げ、新しいコメディ作品の一端を披露しました。浅田次郎氏も今作への期待を語ってくださり、大いに盛り上がった制作発表会の模様をお届けします。   

人気小説の舞台化&パワフルなレビュー

ミュージカル・コメディ『王妃の館 -Château de la Reine-』は、「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞を受賞するなど、輝かしい受賞歴を誇る人気小説家・浅田次郎氏の同名小説が原作。宝塚歌劇にとって初の浅田作品舞台化となります。パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」。ここで前代未聞のツアーを企画した旅行社の奇策のもと、様々な騒動が巻き起こります。かつての城主・太陽王ルイ14世の秘められた物語と共に、コミカルな要素を散りばめた楽しい舞台をお楽しみください。なお、今作は演出家・田渕大輔の宝塚大劇場デビュー作となります。

スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』は、演出家・中村暁による世界各地のFESTA(祭り)をテーマに、エネルギッシュにお届けする新作レビューです。ダイナミックなダンスに加え、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』を経てさらに歌唱力にも磨きがかかるトップスター・朝夏まなとを中心に、パワー漲る宙組がお届けいたします。どうぞご期待ください。   

世界観の広がるパフォーマンスを披露

制作発表会では、宙組トップコンビの朝夏まなと、実咲凜音が、『王妃の館 -Château de la Reine-』の世界を表現する芝居と歌で、それぞれのキャラクターやドラマ性を伝えました。   

朝夏まなとが演じるのは、セレブ気取の恋愛小説家・北白川右京。派手なピンク色のスーツをファッショナブルに着こなしつつ、いかにも一癖ある雰囲気を醸し出します。
実咲凜音演じる弱小旅行代理店の女社長兼、ツアーコンダクターの桜井玲子は、自ら企画したダブルブッキングツアーのことで焦っている様子。そのツアーに参加している右京と丁々発止のやり取りを見せます。   

パフォーマンスの最後には、次第に心を通わせる二人がそれぞれの人生の中で抱える葛藤を歌うデュエットナンバー「主人公のいない小説」を披露し、美しいハーモニーで聴かせました。   

  

続いて出席者が登壇し、それぞれ挨拶を行いました。
宝塚歌劇団 理事長の小川友次は、朝夏まなと率いる宙組が2015年、全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ』を好演したことに触れ、「朝夏は演技の幅が広く、コメディのセンスも持ちあわせたトップスターです。そこで、彼女のトップ4作目に、ぜひ浅田次郎先生の『王妃の館』を、という話になりましたところ、浅田先生にはご快諾いただき、誠に嬉しく思っています。若き演出家・田渕大輔の大劇場デビュー作ですが、宝塚歌劇らしい、楽しいミュージカル・コメディになると思います」と話しました。

個性豊かなキャラクターが登場する『王妃の館 -Château de la Reine-』は、宙組公演出演者の持ち味や勢いが大いに活かされるでしょう。また『VIVA! FESTA!』では、リオのカーニバル、日本のYOSAKOIソーラン祭りなど世界各地のFESTA(祭り)を、レビューの手法で鮮やかにエネルギッシュに表現します。充実した舞台を見せる朝夏まなと率いる宙組の、約一年ぶりとなるオリジナル作品をぜひお見逃しなく!   

  • 制作発表会 ムービー

OPEN