演出作品を振り返る

田渕大輔 演出作品を振り返る

直木賞作家・浅田次郎氏の人気長編小説を宝塚歌劇がミュージカル化した『王妃の館 -Château de la Reine-』。一筋縄ではいかない個性的な登場人物が織り成す物語に、朝夏まなと率いる宙組が挑みます。
脚本・演出を担当する田渕大輔は、2012年に宝塚バウホール公演『Victorian Jazz(ヴィクトリアン ジャズ)』でデビュー以来、人間の心の機微を細やかに描いた作品で観客の心を掴んできました。
田渕大輔がこれまでに手掛けた作品を振り返ってみましょう。   

2012年 花組公演

バウ・ミュージカル
『Victorian Jazz(ヴィクトリアン ジャズ)』   

奇術師のナイジェルは、霊媒師のふりをして出席した降霊会で出まかせの術が評価され、ヴィクトリア女王からの招待を受けることになる。だが女王の目的は、降霊ではなく、とある手紙の真相を究明する事だった…。儀礼的なモラルが重んじられたヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台に、奇妙な王命に従い、調査を進める主人公と多彩な登場人物のドラマを“ジャズ”に乗せて描いたミュージカル作品。

この作品が田渕大輔の宝塚バウホールデビュー作でした。   

2014年 宙組公演

バウ・ゴシック
『SANCTUARY(サンクチュアリ)』   

16世紀、ヴァロア王朝下のフランス。南仏の小国であるナヴァールの王子・アンリが、キリスト教の二つの教派=カトリックとプロテスタントによる、フランスにおける宗教戦争を終息させ、フランス国王・アンリ4世として即位するまでの物語。

アレクサンドル・デュマの小説でも知られる美貌の妻・マルゴとの政略結婚から始まる愛や、宮廷内に渦巻く陰謀、盲目的な信仰の中に潜む人間の欲望などをドラマティックに描きました。   

2015年 宙組公演

バウ・プレイ
『相続人の肖像』   

舞台は20世紀初頭のイングランド。母の死後間もなく愛人を後妻に迎えた父ジョージと決別状態にあった伯爵家の跡取り息子チャーリーは、父の訃報を受け居城を相続することとなった。しかし、邸以外の財産はすべて後妻と、彼女の連れ子であるイザベルに譲られることが、遺言により約束されていた…。

遺産相続を巡る騒動を背景に、貴族の青年が成長する姿を、時にコミカルな風味も漂わせつつ、ノスタルジックに描きました。   

2016年 雪組公演

タカラヅカ・シネマティック
『ローマの休日』
ROMAN HOLIDAY ® & © Paramount Pictures Corp. All rights reserved.   

イタリアのローマを舞台に、新聞記者ジョーとヨーロッパ各国を歴訪中のアン王女との束の間の恋を、名優グレゴリー・ペックとこの映画で一躍スターダムに駆け上ったオードリー・ヘプバーンの主演で描いた映画「ローマの休日」。公開から半世紀を経てもなお、世界中の人々から愛され続けているこの不朽の名作をミュージカル化。

ロマンチックで切ない史上最高のラブストーリーを宝塚歌劇ならではの華やかな舞台として上演しました。   

OPEN