制作発表会レポート

5月8日(火)、宝塚歌劇月組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から] 愛希 れいか(月組)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)、久保 健様(三井住友カード株式会社 代表取締役社長)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、珠城 りょう(月組)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、三井住友カード株式会社 代表取締役社長・久保健様、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家・小池修一郎、月組トップスター・珠城りょう、月組トップ娘役・愛希れいかが登壇しました。
  

宝塚歌劇を代表するミュージカル、記念すべき10回目の上演!

1992年、ウィーンで誕生したミュージカル「エリザベート」は、1996年に宝塚歌劇で初めて上演されて以来、この月組公演で10回目の上演となる人気作品です。黄泉の帝王トート(死)を主役に、オーストリア皇后エリザベートとの物語を美しい旋律で彩ったこの大作ミュージカルに、作品毎に着実な進化を遂げている珠城りょうと、この公演での退団が発表されている愛希れいかを中心とした月組が挑みます。   

異空間へと誘う、魂の熱唱

制作発表会は、『エリザベート』のパフォーマンスから始まりました。
まず、愛希れいか扮するエリザベートが登場し、肖像画のような横顔が浮かびあがると、名曲「私だけに」を静かに歌い始めます。重厚でありながら透明感のある歌声で、誇り高く孤独な皇后の心情を表現。強い意志を歌い上げる愛希に、万雷の拍手がおくられました。   

写真

続いて現れたのは、黄泉の帝王トート。エリザベートに怪しげな笑みを投げかけ一礼する珠城りょうは、大胆に、観る者の心臓をも掴みます。披露したのはエリザベートへの激しい想いを熱唱する、「最後のダンス」。不敵な帝王の瞳の奥に揺れる憂いは、他の何者でもない珠城オリジナルのトートを予感させ、新たなる『エリザベート』への期待に、会場の高揚感は最高潮に達しました。   

写真

写真

再演のたびに好評を得てきたミュージカル『エリザベート』に、月組が新たな伝説を加えます。どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2018/7/21(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/9/16(日)より一般前売開始!

OPEN