制作発表会レポート

11月16日(木)、宝塚歌劇花組公演 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]柚香 光(花組)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、萩尾 望都氏(「ポーの一族」原作者)、明日海 りお(花組)、仙名 彩世(花組)

記者会見には、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家・小池修一郎、花組トップスター・明日海りお、花組トップ娘役・仙名彩世、柚香光に加え、「ポーの一族」原作者の萩尾望都氏にもご登壇いただきました。
  

名作漫画、初のミュージカル化!

「ポーの一族」は、少女漫画界で長年にわたって数々の名作を生み出してきた萩尾望都氏が、1972年に「別冊少女コミック」に第1作を発表し、少女漫画の枠を超えて幅広い層の読者に愛されてきた作品です。漫画史上の傑作と呼ばれるこの作品に魅了された小池修一郎が、「いつか舞台化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾氏があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が、ついに宝塚歌劇の舞台に登場。豊かな表現力で舞台を彩るトップコンビ・明日海りおと仙名彩世を中心とした花組が、この話題作に挑みます。   

原作の世界観あふれるパフォーマンスに、高まる期待

制作発表会は『ポーの一族』の作曲・編曲を担当する太田健のピアノ伴奏にのせたパフォーマンスから始まりました。

照明が落ちると、壇上には主人公のエドガー・ポーツネルに扮した明日海りおの後ろ姿が浮かび上がり、会場は神秘のベールで包まれます。振り返った明日海の漫画から抜け出したかのような容姿に、おもわず息をのむ場内。そこに、シーラ・ポーツネル男爵夫人に扮した仙名彩世とアラン・トワイライト役の柚香光も加わり、主題歌「ポーの一族」を披露。明日海と柚香の掛け合いも交え、謎めいた「ポーの一族」の世界を表現しました。   

写真

  

写真

続いて、壇上に独り佇む明日海が劇中で歌われる楽曲「哀しみのバンパネラ」で、永遠に命尽きることのないバンパネラの孤独と哀しみを切々と歌い上げると、作品の世界観に引き込まれた場内からは割れんばかりの拍手がわき起こりました。   

写真

大ヒット漫画の初のミュージカル化に個性豊かな花組メンバーが挑む、ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』。新しい年の幕開けを華麗に彩る公演に、どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2017/12/2(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/1/14(日)より一般前売開始!

OPEN