制作発表会レポート

9月8日(木)、宝塚歌劇月組公演 ザ・ミュージカル『グランドホテル』、モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』の制作発表会が行われました。   

[写真右から]稲葉 太地(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、珠城 りょう(月組)
トミー・チューン氏(特別監修)、愛希 れいか (月組)、美弥 るりか(月組)
岡田 敬二(宝塚歌劇団 演出家)、生田 大和(宝塚歌劇団 演出家)

宝塚歌劇団 理事長・小川友次、演出家の岡田敬二、稲葉太地、生田大和、月組トップスター・珠城りょう、月組トップ娘役・愛希れいか、美弥るりかが出席。さらに『グランドホテル』のオリジナル演出・振付を手掛けられ、今作の特別監修をしていただくブロードウェイの至宝、トミー・チューン氏も登壇。華やかな雰囲気に包まれた制作発表会の模様をお届けします。   

新生月組のスタートに相応しい豪華な名作&レヴュー

『グランドホテル』は1928年のベルリンを舞台に、さまざまな人生が交錯する最高級ホテルの一日半の出来事を、薫り高い音楽で綴った傑作ミュージカル。1989年トミー・チューン氏演出・振付によりブロードウェイで開幕、トニー賞を5部門で受賞し、その後ロンドンやベルリンでも上演されました。宝塚歌劇では1993年、涼風真世を中心とする月組で宝塚バージョンを上演。トミー・チューン氏を演出・振付に迎え、オットー・クリンゲラインを主役に生きる喜びを謳い上げた重厚かつスケール感溢れる人間ドラマを創り出し、大きな感動を呼びました。いまなお語り継がれる名作が、新月組トップスター・珠城りょうの宝塚大劇場・東京宝塚劇場のお披露目公演として、24年ぶりに蘇ります。珠城りょうが演じるフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵を主人公に、新たなシーンや楽曲も加わる新生『グランドホテル』。ラファエラ・オッタニオ、エリック、フラムシェンという重要なキャラクターの役替わりにもご注目ください。

『カルーセル輪舞曲(ロンド)』は、日本初のレヴュー『モン・パリ』誕生から90周年を記念し、世界巡りの旅を華やかなステージングで魅せるレヴューロマン。宝塚歌劇が紡いできたレヴューの歴史へのオマージュを込めて、『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』などヒット作を手掛けてきた演出家・稲葉太地がバラエティ豊かにお届けします。月組トップスター・珠城りょうを中心とする新生月組のフレッシュでパワフルな魅力を存分にお楽しみください。   

役柄の“人生”が滲み出るパフォーマンスや歌に大きな拍手

制作発表会ではまず、モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』のパフォーマンスからスタートしました。   

月組トップ娘役・愛希れいかが、澄んだ歌声で名曲「吾が巴里」を披露し、華やかでクラシカルな『モン・パリ』の世界観、レヴューの優雅さを伝えます。
続いて月組トップスター・珠城りょうが登場、まばゆいスパンコールが煌めく衣装で、主題歌「カルーセル輪舞曲(ロンド)」を明るく伸び伸びと披露。新月組トップスターの誕生にぴったりの希望に満ちた歌詞に、新生月組への期待が高まります。   

次は一転、重厚な伴奏とコーラスが流れ『グランドホテル』のパフォーマンスへ。オープニングのナンバー「Grand Parade」とともに、オッテルンシュラーグ(夏美よう)のナレーションによって、次々とキャラクターが紹介されます。
最初に登場したのは、愛希れいか扮するエリザヴェッタ・グルーシンスカヤ。優美な真紅の衣装、ゆったりとした足取りと表情からプリマバレリーナの品格が伝わってきます。次は美弥るりか扮するオットー・クリンゲライン。重い病を患い、最期の時を高級ホテルで過ごそうと全財産をカバンに詰めてやってきた彼の悲哀と希望が、大きめのコートに身を包んだその姿、一挙手一投足に満ちています。そして珠城りょう扮するフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵が登場。女性の心を溶かす魅惑的で洗練された男爵の存在感を堂々と表現。3人の歌声が交わり重層的なドラマを予感させます。

続いてガイゲルン男爵とグルーシンスカヤによる「恋なんて起こらない(Love Can't Happen)」。二人が思いがけない状況で出会い徐々に恋に落ちていく様を、ドラマティックなメロディに乗せて高らかに歌い上げます。高揚した心がピタリと重なり合うような陶酔感をもたらす熱唱に、大きな拍手が送られました。

次は『グランドホテル』の中でも屈指の心弾むナンバー、「一緒にグラスをとろうよ(We'll Take A Glass Together)」。ガイゲルン男爵とオットーが手をつなぎ、チャールストンを踊りながら陽気に歌います。二人の友情や人生に“乾杯”する軽快なナンバーに、最後はグルーシンスカヤも加わり大きく盛り上がりました。   

  

世界大戦の狭間という時代に、お金や名声、命の灯……さまざまな悩みや事情を抱えた人々が集まる『グランドホテル』。美しいラブロマンス、友情、生命の営みなどあらゆる人生の妙が詰まった名作に、“芝居の月組”の伝統を受け継ぐ新生月組が挑みます。また舞台人、男役としての資質に恵まれた若きトップスター・珠城りょうの、大きなスタートとなるお披露目公演。『カルーセル輪舞曲(ロンド)』でも、新たなスター性を発揮し魅せてくれるでしょう。月組の歴史に大きな1ページを刻む充実の二本立て公演、ぜひ劇場でお楽しみください!   

  • 制作発表会 ムービー

チケットはこちらから

東京宝塚劇場公演

2017/1/15(日)より一般前売開始!

OPEN