演出家インタビュー

演出家 上田久美子が語る 『神々の土地』の見どころ

常に新しい題材やアプローチで観客を非日常の美しい世界へ誘う、演出家・上田久美子。今作ではロマノフ王朝の末期、ロシア革命前を舞台にした物語を紡ぐ。奇しくも『翼ある人びと —ブラームスとクララ・シューマン—』以来のタッグとなる朝夏まなとの退団公演、今作に挑む上田に話を聞いた。   

物語の着想のきっかけは?


偶然出合った一冊の本がきっかけです。それは、今作の主人公であるドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフの姉、マーリヤが亡命した後に出した自叙伝で、実に興味深い内容でした。マーリヤはアレクサンドル三世の姪に当たるのですが、ロシア革命前、20世紀に入っても中世の貴族のような豪華な暮らしをしていたのが分かります。想像を超える富の裏でストライキが起こり、皇族が何人も殺されている……、そういう“栄光”と“死”が表裏一体となっているところに、ある種のロマンを感じました。

  

ロシアの印象について。


“ソビエト連邦”の頃もそうですが、どこかミステリアスな印象がありますよね。ロシア貴族というだけで、ちょっと時代がかった雰囲気で、その響きにも物語めいたものを感じて、すごく胸が高鳴ります(笑)。シベリア鉄道の本などを読んでいると、白樺の荒涼とした大地がどこまでも続き、ところどころにツンドラの沼地や村が現れる、そういった情景を思うと、ロシアは他のヨーロッパ諸国とは違うプリミティブな場所だなと感じます。位置的にも文化的にもアジアとヨーロッパの間にあり、エキゾチックな雰囲気があるのも面白いですね。そもそも帝政ロシアにラスプーチンという怪しい僧が現れたのも、シベリア地方でシャーマンたちが加持祈祷によって病気を治していた、という文化の流れなのではないでしょうか。



今作の舞台、ロシア帝政末期について。


この時代の何が面白いかというと、まず登場人物が個性的で、日本人の私たちにも通じるような典型的なタイプの人たちが多いところです。ロシア帝国皇帝・ニコライ二世は典型的な煮え切らない夫ですし、皇后アレクサンドラは嫁姑問題で虐げられた典型的な主婦。ドミトリーと、フェリックス・ユスポフとの男同士の友情も普遍的なものですし、現代の日本に生きる私たちも自然に感情移入できるキャラクターなのが魅力です。



今作は歴史上の人物に、脚色も交えているようですが。


歴史は自然発生的な偶然の積み重なりでできていますから、それを物語として成立させるために脚色はしています。例えば、伶美うららが演じる大公妃イリナは、架空の人物造形です。物語としては、皇帝一家を操る怪僧ラスプーチンの暗殺をめぐって大きく動いていきますが、そこで起きるクーデターも、実際に起きた暗殺事件よりは誇張しています。もちろん宝塚歌劇ですから、歴史を踏まえた物語のなかで男女の恋の物語も描いています。今回“濃い”キャラクターがたくさん登場するわけですが、宙組にはさまざまな個性の出演者が揃っているので、そういう意味でもお客様に楽しんでいただけると思います。



朝夏まなとの印象は?


朝夏と仕事をするのは『翼ある人びと—ブラームスとクララ・シューマン—』(2014年)以来です。そのときは未熟さが残る青年の役(ヨハネス・ブラームス)を演じてもらいましたが、宙組のトップスターとなり、芯が太くなって、舞台人としての温度が高くなったと感じます。トップスターとしての貫禄も備わり、今回はそれを生かしてもらえたらと。彼女の退団にあたり男役の集大成として、本来似合うだろう明るくて愛嬌のある青年といった役どころではなく、精神的に成熟した大人の男性の役を演じてもらいたいと思いました。



朝夏が演じるドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ役について。


ご存知の通り、ロシア革命によって貴族たちは滅びていきますが、ドミトリーという主人公が何を目的としていたか、ということを考えたとき、この時代に彼らのような貴族の立場に生まれたら、どのような生き方をするべきなのかと考える人物として描いています。ソクラテスの唱える“善く生きる”ということです。ドミトリーは現実を見て、近代的な方法でロマノフ王朝を存続させるために行動するという役どころで、過去の恋の傷を心に秘めながらも、自分の使命に生きるキャラクターです。歴史上でも、ドミトリーは皇帝の従兄弟でありながら優秀な軍人で、前線で活躍した人として残っているのですよ。



真風涼帆が演じるフェリックス・ユスポフ役について。


彼は貴族のプライドに生きているような人です。物事を俯瞰的に見ていて、“貴族は湯水のように富を浪費する悪の存在ではなく、学問や芸術などの発展などに尽くしてきた必要な存在だ”というような主張を持っています。わりとスノッブで冷笑的な感じのキャラクターなのですが、きっと真風はそういう役も似合うのではないかと。これまで演じてこなかったタイプのキャラクターだと思うので、彼女の新たな一面にご期待ください。



伶美うららが演じる大公妃イリナ役について。


この役が今回の物語において恋愛のポイントになってきますが、基本的にドミトリーにとっては昔の初恋の人で、現在は家族か同志のような関係です。二人の出会いや絆を育んだ時間は描かれていないのですが、朝夏と伶美ならそこをうまく匂わせてくれるでしょう。イリナは自立した大人の女性。皇族という立場に恥じる生き方は選ばない女性で、ドミトリーと価値観を分かち合えるキャラクターとして描いています。



星風まどかが演じる皇女オリガ役について。


オリガは皇帝ニコライ二世の長女ですが、ロマノフ王朝が悪い方向へ向かっている中で、ドミトリーの導きで世界に対して目を開くようになり、現状を打開するには何ができるか考え始めます。この物語の“希望”のような人物です。



演出面でのこだわりは?


一つ挙げるとすれば、今回は“ロマ音楽”のテイストを取り入れていることでしょうか。ロシアは、悠然とした大地は変わらないけれど、風で地表の土が運び去られるように権力者が滅び勢力が入れ替わっていく……、そんなイメージの場所だと感じています。当時のロシアでロマ音楽はとても人気があり、“私たちはいつか消えていく、だから今、この時を生きよう”というような曲が多いので、今作の主題に絡めて使いたいと考えています。

  

最後に、お客様へのメッセージを。


宝塚大劇場では特に、夏の盛りにロシアものの芝居ということで、ぜひ納涼しに劇場にお越しいただければと(笑)。ロシア革命前を舞台にした物語ですので、どちらかというと悲劇的なカタルシスですよね。私自身は好きなのですが、お客様にもそういった心が揺さぶられるものを、受け入れていただけると嬉しいです。とはいえ、今作はロシア貴族を主人公とした軍服ものですし、朝夏も真風も大人の男を演じます。シンプルに、出演者たちのその格好良さを楽しんでいただければと思います。ぜひ、美しいロシアを描いた劇空間へいらしてください。

  

【プロフィール】

上田 久美子

奈良県出身。2006年宝塚歌劇団入団。2013年『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)』-衣通姫(そとおりひめ)伝説より-(月組)で演出家デビュー。好評を受け、同年に東京特別公演として同作を再演。続いて発表した『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』(2014年宙組)も高い評価を得た。宝塚大劇場デビューとなった『星逢一夜(ほしあいひとよ)』(2015年雪組)で、読売演劇大賞の優秀演出家賞を受賞。心の機微を繊細かつ丁寧に描いた、『金色(こんじき)の砂漠』(2016年花組)でもその独自の世界観で観客を魅了した。今後の活躍がますます期待されている若手演出家の一人である。

※ご利用環境によっては「逢」の文字が正しくご覧いただけない場合がございますが、1点しんにょうの「逢」です。

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2017/7/15(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2017/9/10(日)より一般前売開始!

OPEN