制作発表会レポート

8月20日(火)、宝塚歌劇月組公演 日本オーストリア友好150周年記念 UCCミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]ティトゥス・ホフマン氏(脚本・アイディア)、クリスティアン・シュトゥルペック氏(ウィーン劇場協会 ミュージカル芸術監督/脚本・クリエイティブ デベロップメント)、フランツ・パタイ氏(ウィーン劇場協会 代表取締役)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、上島 達司様(UCC上島珈琲株式会社 代表取締役会長)、齋藤 吉正(宝塚歌劇団 演出家)、珠城 りょう(月組)、美園 さくら(月組)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、UCC上島珈琲株式会社 代表取締役会長 上島達司様、ウィーン劇場協会 代表取締役 フランツ・パタイ氏、ウィーン劇場協会 ミュージカル芸術監督/脚本・クリエイティブ デベロップメント クリスティアン・シュトゥルペック氏、脚本・アイディア ティトゥス・ホフマン氏、宝塚歌劇団理事長 小川友次、宝塚歌劇団演出家 齋藤吉正、月組トップスター 珠城りょう、月組トップ娘役 美園さくらが登壇しました。   

ウィーンの大ヒットミュージカルに、個性豊かな月組が挑む

「I AM FROM AUSTRIA」は、「エリザベート」「モーツァルト!」など数々の大ヒットミュージカルを世に送り出したウィーン劇場協会が、2017年にオーストリアそのものを題材として制作したミュージカル。オーストリアの国民的シンガーソングライター、ラインハルト・フェンドリッヒ氏が綴る名曲の数々に乗せ、コメディー要素を散りばめつつ「故郷」や「家族」をテーマに描いた、華やかな作品です。
珠城りょう率いるエネルギッシュな月組メンバーが、この話題作を日本初上演いたします。   

ひと足早くウィーンの風情漂う会場

制作発表会は『I AM FROM AUSTRIA』のパフォーマンスから始まりました。   

写真

軽快なリズムに乗って登場した、ジョージ・エードラー役の珠城りょうが、「NIX IS FIX(全てが可能)」を披露。会場を一瞬にしてハッピーなウィーンミュージカルの世界に誘います。   

写真

続いてエマ・カーター役の美園さくらが登場すると、主題歌「I AM FROM AUSTRIA」をしっとりと歌い、やがて珠城とのデュエットへ。ソフトで美しいメロディーは、まさに音楽の都で生まれた珠玉の旋律。作品への大いなる期待に胸を膨らませた会場からは、万雷の拍手が送られました。   

写真

心潤す数々のナンバーに乗せて描かれる、ハートフルなウィーンミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』に、個性豊かな月組メンバーが挑みます。どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

東京宝塚劇場公演

2019/10/20(日)より一般前売開始!

OPEN