作・演出・振付 謝珠栄氏が語る

幻想歌舞録『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』の見どころ<前編>

日本を代表する演出家・振付家として幅広い活動を続け、宝塚歌劇団でも数々の名作を手掛けてきた謝珠栄氏。新トップコンビの大劇場お披露目公演でもある今作に託した想いや意気込みを聞いた。   

写真

中国を舞台にした幻想的な歴史ファンタジーを描いた経緯

数年前に民族舞踊を研究する機会があって、その観点からも中国という国は非常に興味深く、いつか本格的な中国舞踊を用いた作品をつくってみたいと、密かに温めていた題材でもあります。また今回、お話をいただいたときに、新生星組のお披露目公演にぴったりのモチーフだと感じ、チャレンジしてみました。加えて、女性が男性を演じる宝塚歌劇だからこそ、リアルさを伴わない紀元前を舞台に、史実ではないけれど、もしかしたらあり得たかもしれない、という世界を描いてみました。   

今作のテーマについて

礼真琴さん演じる主人公の礼真は、自身が抱いていた理想が綺麗ごとだったと知って、悩み苦しむ役どころですが、彼が葛藤の末に何を選ぶのかを主軸に据えています。そして、礼真の選択に大きな影響を与えるひとつに、安住の地を持たず、虐げられながらも、自然を愛し明るく暮らす“汶(ブン)族”との出会いもあります。
お客様には、主人公が汶族をはじめとした周りの人たちとの関わりを通じ、人間的に成長していく姿で、何かを感じていただけたら嬉しいです。   

作・演出・振付を担当するにあたって

一番難しいと感じたのは、演出家と振付家では思考が違うという点です。これまでの私の経験上、異なる視点を持つ脚本家、演出家、振付家が、それぞれの立場から作品をつくり上げることで、様々な力が結集し、より舞台が面白くなるケースが往々にしてありました。今作は、すべてを一人で担当することになりましたので、試行錯誤をしつつも、全力で取り組めたと思っています。このような機会をいただけたことは、大変勉強になりましたし、また楽しくもありました。   

今作で採り入れた中国武術・音楽について

今回、世界武術選手権大会で優勝された陳静(チェン・ジン)先生に、中国武術の指導をしていただいています。彼女と一緒に作品をつくっていて、今とても充実しています。一流の方から直接技術を学ぶことは、出演者の皆さんにとっても、非常に貴重な経験になったと思います。
そして、音楽に関しては、中国と日本では伝統楽器の弾き方や吹き方も違いますから、玉麻尚一先生とも相談し、中国琵琶奏者の閻杰(エンキ)先生など、本場の音楽奏者の方々にご協力していただきましたので、いろいろな面から幻想的な歴史ファンタジーの世界を感じていただけるのではないでしょうか。ぜひ注目してみてください。   

新トップコンビ、礼真琴・舞空瞳のお披露目公演について

新トップコンビの二人が、ファンの皆様に「良かったね」と祝っていただける作品であることはもちろん大切ですが、お披露目公演だからと気負うのではなく、私たち作り手は、どの公演でも出演者全員がベストだと思っていただけるよう、より良い舞台をお客様にお届けすることを常としています。
今回あえて意識したという点でいうと、トップコンビの役名でしょうか。丹礼真も瞳花も、二人の名前に由来したものを考えましたが、結果としてトップコンビを中心とした新生星組に、全力で取り組んでもらえる作品にできたと思っております。   

  

OPEN