制作発表会レポート

9月27日(金)、宝塚歌劇雪組公演 ミュージカル『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]朝美 絢(雪組)、彩風 咲奈(雪組)、小池 修一郎(宝塚歌劇団 演出家)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、望海 風斗(雪組)、真彩 希帆(雪組)、彩凪 翔(雪組)

制作発表会には、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家・小池修一郎、雪組トップスター・望海風斗、雪組トップ娘役・真彩希帆、彩風咲奈、彩凪翔、朝美絢が出席しました。   

傑作映画、世界初のミュージカル化!

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は、セルジオ・レオーネ監督による1984年公開のギャング映画で、急成長を遂げる20世紀のアメリカを舞台に、ノスタルジックに展開される友情と絆、そして恋が描かれた作品です。この作品に触発されつづけてきたという演出家・小池修一郎が、確かな実力を備えた望海風斗率いる雪組とともに、世界初のミュージカル化に挑みます。   

まるで映画そのもの、ダンディーでゴージャスな世界観!

制作発表会は、出演者が繰り広げるドラマティックなパフォーマンスから始まりました。

暗闇に包まれた舞台中央に、ひと筋のライトが差し込むと、主人公ヌードルスに扮した望海風斗のシルエットが浮かび上がります。力強さのなかに、哀愁をにじませた佇まいは、裏社会を生きてきた彼の過去を物語り、会場は一気に作品の世界へと引き込まれます。次に、同じ世界に属する親友マックス役の彩風咲奈が加わり、久々の再会を喜び合う場面に。続いて望海は、ブロードウェイのスターとなった初恋の女性デボラを演じる真彩希帆を迎え入れ、どこか切なさも感じさせる、ムードたっぷりのデュエットダンスを披露します。   

写真

  

写真

写真

曲調が変わり、バー「スピークイージー」の歌姫キャロルに扮した朝美絢が登場すると、マックスとキャロルのカップルによる、大人の色気漂うダンスシーンに。そして、一同の運命を大きく狂わせることになるジミー役の彩凪翔が、4人の心を掻き乱すように舞台上に駆け込みます。最後に5名が勢揃いすると、作品世界を充分に体現した圧巻のパフォーマンスに、会場からは惜しみない拍手が贈られました。   

写真

  

望海風斗を中心に充実期を迎えている雪組が、2020年の幕開けにお届けする話題のミュージカル『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』に、どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2019/12/7(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2020/1/19(日)より一般前売開始!

OPEN