演出家 稲葉太地が語る

ショー グルーヴ『Fashionable Empire』の見どころ<前編>

宝塚歌劇への情熱と、豊かな発想力で珠玉のエンターテインメントを生み出す演出家・稲葉太地。輝きを増すトップスター・柚香光とタッグを組む、スタイリッシュなショー『Fashionable Empire』にかける意気込みを聞いた。   

都会的で洗練された“Empire(帝国)”を!

『Fashionable Empire』の構想を教えてください。

今作は、“選ばれし者”だけが集う帝国を舞台に設定しました。花組は都会的なセンスの光る組ですし、より現代的で、ビートの利いたショーにしたいと思っています。
元々スマートな雰囲気をまとった柚香光も、トップスターに就任して今回で4公演目の大劇場公演となり、大人の余裕を漂わせる“遊び感”のある男役に成長しているので、洗練されたショーに仕上がるのではないでしょうか。   

幕開きはどのようなシーンでしょうか?

水美舞斗が永久輝せあを帝国へと誘い込む…という場面から始まります。大都会に現れた帝国の門が開かれると、玉座に座った帝王・柚香が登場します。いつものショーとは少し趣の違う登場の仕方をするので楽しみにしていてください。
そこから、レザーの衣装を着た男女が歌い踊る、エネルギッシュなオープニングへと展開します。   

印象的な始まりの後はどんな場面が待っていますか?

星風まどかが演じる少女が、帝国で開催されるファッションショーで、憧れのトップモデルに変身を遂げるという、お伽噺のような少しコミカルな場面です。永久輝がデザイナーに扮します。
そのファッションショーを見に来ていた聖乃あすかが次の扉を開けようとして、専科の高翔みず希さん扮する帝国の案内人・バロンに止められます。「ダメ」と言われると進みたくなるのが人間の性ですよね(笑)。聖乃が辿り着くラビリンスには、複数の女性をはべらせた柚香がいる、という展開です。   

ストーリー仕立てで、ドキドキする展開ですね。

そこに水美が割って入り、柚香と女性を取り合って踊る、妖艶で大人っぽい場面になります。2人が色っぽく踊るこのシーンは、今作の大きな目玉のひとつになると思います。また、今年組長に就任した美風舞良と、今回で退団する音くり寿に“ソプラノ歌合戦”も繰り広げてもらうつもりです(笑)。彼女たちのハーモニーも今の花組にしか出せない魅力だと思いますので、どうぞご期待ください。   

中詰めはいかがでしょうか?

都会的でもあり懐かしさも感じられる、20年代スタイルのジャズに乗せた中詰めを考えています。中詰めにも色々な趣向を凝らしていますので、楽しんでいただけると嬉しいですね。
その後、ラインダンスを挟んで、水美を中心としたナンバーになります。虚無感を抱いた男が毎夜クラブに出かけて理想の女性を探し、帆純まひろ扮する美女と出逢います。その美女が、実は人ならざるもので、“1人”の女性が、美羽愛、星空美咲を加えた“3人”になって男を翻弄する、というストーリーです。霧の中で見た悪夢のような、妖しげな空間ができるのではないかと思っています。
続いて、時の流れの儚さ、虚しさを嘆く帝国のエンペラー・柚香のもとに仲間が集まり、ともに手を取り合って、明日を目指して生きようと歌う、花組の力が結集する場面になります。   

メッセージ性がある場面ですね。

世の中が一変して2年余りが経ちます。苦境をともに過ごしてきた出演者たちへの、そして、絶え間なく声援を送ってくださるお客様への想いを込めています。
ショーという煌びやかなひと時を楽しんでいただくだけでなく、“今”を切り取ってお見せすることも、私の仕事ではないかと思っていますので、この作品を通して、「一緒に未来に向かって進んでいこう」という願いを共有し、ご覧いただく皆さまに少しでも元気になっていただけたら幸いです。   

そして、フィナーレの見どころは?

フィナーレへの導入に、聖乃を中心とした若手18人のダンスシーンをつくりました。激しいダンスを踊ってもらい、その勢いのままフィナーレに入ります。
まず、摩天楼に見立てた大階段で、柚香をはじめとしたコート姿の男女がロックテイストの曲で踊り、柚香と星風のスペシャルなデュエットダンスへと続いていきます。デュエットでは、映画「カサブランカ」の名曲「As Time Goes By」に乗せて、トップコンビの大人っぽい魅力を引き出したいですね。“時の過ぎゆくままに”という曲名のとおり、それぞれの時間を過ごしてきた2人が、出逢うべくして出逢い、互いに信じ合い、想い合っている関係性をご覧いただけると思います。   

稲葉先生は花組とは縁がありますね。

確かに縁の深さは感じます。だからこそ、今回もう一歩踏み込み、一層突き詰めれば、これまでとは違う、より深いところからのエネルギーが出るのではないかと、出演者のみんなと探りながら稽古しています。
さらに、今回の稽古場では“出演者自身がつくる”ことを大切にしています。例えばファッションショーの場面では下級生の一人ひとりにも役を付け、キャラクターづくりを各々に任せています。また、オープニングの最後に柚香、水美、永久輝の3人が銀橋に残るのですが、あえて振りを付けず彼女たちに自由に動いてもらう予定です。公演ごとにみんながどのようなものを見せてくれるのか、私もとても楽しみですし、お客様にも注目していただける場面になるのではないでしょうか。   

OPEN